話題
真夜中のキョーフ

真夜中のキョーフ(フレーベル館)

5つの「キョーフ」があなたを襲う!!

  • びっくり
  • その他

tori.madamさんの公開ページ

tori.madamさんのプロフィール

ママ・30代・大阪府、女の子7歳 女の子4歳

tori.madamさんの声

1208件中 51 〜 60件目最初のページ 前の10件 4 5 6 7 8 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 実はサプライズが。  投稿日:2020/11/17
のねずみチッチ
のねずみチッチ 作・絵: ふくざわ ゆみこ
出版社: のら書店
ふくざわゆみこさんの温かみのあるイラストが大好きなんです。中でも、ふくざわさんの描く動物は本当にかわいいです。
ちいさな主人子のねずみのチッチ。
どこに行ってもみんなに相手にしてもらえず寂しくしていたら、なんとそんなサプライズが!
ただ、このての展開はすぐに予想できてしまったので、もう少し驚きが欲しかったかなと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ねこ目線の美味しいごはん探索  投稿日:2020/11/17
きょうのごはん
きょうのごはん 作: 加藤 休ミ
出版社: 偕成社
表紙からとっても美味しそう!少し焦げたさんまの皮が食欲をそそります。
美味しそうな食べ物の絵本は沢山ありますが、ねこの目線で描かれているのがユニークで面白いです。
色んなお家の美味しそうなご飯を見て、最後にねこちゃんが食べたものが敢えて描かれていないのがまた、何だったんだろうなぁと想像が膨らみ、読み聞かせのあとも盛り上がりました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ワニくんの夏休み  投稿日:2020/11/17
ワニくんのえにっき
ワニくんのえにっき 作・絵: みやざき ひろかず
出版社: BL出版
ワニくんの夏休みが絵日記で紹介されていきます。
船を作って、船でお昼寝をしたりのんびりしていましたが、突然嵐!?
かと思えば、クジラが現れてお友だちになったり。
最後はクジラさんに近くの港まで船を押してもらおうと思っていたら、たどり着いた先は!?
とても楽しそうな夏休みでした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おとうさん、かっこいい  投稿日:2020/11/17
いつかは ぼくも
いつかは ぼくも 作・絵: よしだ るみ
出版社: 国土社
ぼくのおとうさん、すごいんだよ。
ライオンに孔雀、かえる、かたつむりなど色んな親子が出てくるのですが、
お父さんが大きく力強く描かれていたのが良かったです。
ただ、おとうさんのどんなところがすごいのか、かっこいいのかの具体的なエピソードがあれば、もっといいなと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 通じあっていた心  投稿日:2020/11/17
アルフィー (ゆくえふめいになった カメ)
アルフィー (ゆくえふめいになった カメ) 作: ティラ・ヒーダー
訳: 石津 ちひろ

出版社: 絵本塾出版
作者の実話を基に描かれた物語。
人間と亀、それぞれの目線で描かれているのが面白いです。
ニアは6歳の誕生日に自分と同い年の亀アルフィーを飼い始め、とてもかわいがっていたのですが、反応がないので、次第に興味がなくなってしまいます。
でも、次に亀アルフィーの目線の物語を見ると、ニアがしてくれたことを喜んでいて、
誕生日にプレゼントを用意するほどにアルフィーのことを想っていたのには感動しました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 猫好きにはたまらない  投稿日:2020/11/16
ねこは すっぽり
ねこは すっぽり 文: 石津 ちひろ
絵: 松田 奈那子

出版社: こぐま社
こぐま社の新刊って久々のような…と思って手にとった一冊。
表紙のダンボールからのぞいている姿がたまらなくかわいいですね。
自由気ままなねこの特徴を上手くとらえて、かわいく描いた一冊。
猫好きにはきっとたまらないと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ジョージは病院でも人気者  投稿日:2020/11/16
メリークリスマス おさるのジョージ
メリークリスマス おさるのジョージ 原作: M.レイ H.A.レイ
訳: 福本 友美子

出版社: 岩波書店
今回もやっぱりジョージがやらかしてくれます。だけど、憎めないジョージ。すっかりファンです。
黄色い帽子のおじさんとツリーにするもみの木を探しに行ったジョージ。おじさんからじっとしているよう言われるのですが、当然ジョージが聞くはずもなく、チョロチョロしていると、もみの木と一緒にトラックに乗せられ、あっという間に病院へ。
ここでも好き放題のジョージ。看護師さんたちからは怒られてしまいますが、子供たちは愉快なジョージのことを気に入り、今回もやっぱり大活躍なジョージでした。
暗い顔をしていた子供たちを笑顔にしたジョージ、グッジョブ!!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 普通が一番。  投稿日:2020/11/14
ピヨピヨ メリークリスマス
ピヨピヨ メリークリスマス 作: 工藤 ノリコ
出版社: 佼成出版社
ピヨピヨファンにはたまらないクリスマス絵本です。
もう、ピヨピヨちゃんたちの行動ひとつひとつがかわいくて、サンタさんにお祈りしている後ろ姿とかは悶絶です。
ごく普通のクリスマスの1日っていうのがまたいいです。
子供たちは、夜ご飯にクリームソーダを飲んでいるのを見て、いいなぁと言っていました。確かにクリスマスの夜くらいはいいかも。今年は真似してみようかしらと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい まずは自分から  投稿日:2020/11/13
とりあえず ごめんなさい
とりあえず ごめんなさい 作: 五味 太郎
出版社: 絵本館
とりあえずごめんなさい。
とりあえず??と思ったら、こんなユーモラスな絵本だったとは!
絶対あり得ない?もしかしたらあり得る!?不思議なシチュエーションでのごめんなさい。
減るもんじゃないですから。まず自分が謝ることで円滑に進むこと、世の中沢山ありますよね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい それでも生きていく  投稿日:2020/11/13
やっぱりおおかみ
やっぱりおおかみ 作・絵: ささき まき
出版社: 福音館書店
佐々木まきさんということで勝手にナンセンス絵本を想像していたら、全く違っていて、良い意味で驚きました。
友達が欲しいおおかみは、周りの動物がみんな仲間と一緒にいることが羨ましくて仕方ないんです。
でも、結局自分と同じような人はいなくて、自分は孤独に生きていく決意をします。
ハッピーエンドにするならば、最後は自分と同じような人と出会い、おおかみは孤独ではなくなった、となるのかもしれません。
でも、私は佐々木さんのラストが好きです。
だって、それでもいきていかなければいけないのですから。
子供たちにはまだ早いですが、いつか読んであげたい作品です。
参考になりました。 0人

1208件中 51 〜 60件目最初のページ 前の10件 4 5 6 7 8 ... 次の10件 最後のページ

今年2回目の西日本新聞社オススメ児童書コンテスト開催♪

出版社おすすめ

  • ぼくの席がえ
    ぼくの席がえ
     出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    海くんのことは、まだよく知らないのに、席がえでとなりの席になって……。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット