tori.madamさんの公開ページ

tori.madamさんのプロフィール

ママ・30代・大阪府、女の子7歳 女の子4歳

tori.madamさんの声

1016件中 31 〜 40件目最初のページ 前の10件 2 3 4 5 6 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい どんどんエスカレートしていく話が面白い!  投稿日:2020/10/10
ちゃんとたべなさい
ちゃんとたべなさい 作: ケス・グレイ
絵: ニック・シャラット
訳: よしがみ きょうた

出版社: 小峰書店
ちゃんとたべなさい!
うちもしょっちゅうこの言葉を言っています。
でも、このお話その続きが面白いんですよね。
ちゃんと食べないと食後の果物食べられないよ。くらいならよく言ってますが、
このお母さんはそんなもんじゃなかった!
最初はちゃんと食べたらアイスクリームをあげる、だけだったのが、それでも食べないと言われ、どんどんエスカレートしていくご褒美。
最後はチョコレート工場を買ってあげる、スーパーのアイス全部買ってあげる、遊園地に引っ越し等。
子供が頑なに食べない姿も笑えます。
これはなかなか日本の絵本にはないユーモアですね。
そして最後は親子はやっぱり似たもの同士だなぁというオチで面白かったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい アート!  投稿日:2020/10/09
の 作: junaida
出版社: 福音館書店
何かで大人の為の絵本と紹介されていてずっと気になっていた絵本です。
絵が本当に細かく美しく描かれています。
最近の絵本によくあるページの隅から隅までぎっしり!という感じではなく、もっと繊細な感じです。
タイトルの、の、の通り、ので全てが繋がっていく深いお話です。
さて私が最後に行き着いた場所は…?
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 誰もが一度は  投稿日:2020/10/09
ママ、どっちがすき?
ママ、どっちがすき? 作: 織田 りねん
絵: 中田 いくみ

出版社: パイ インターナショナル
ママ、どっちがすき?
このセリフ、きょうだいがいる人なら一度は言われたことがあるのではないでしょうか。
わたしは自身が子供の頃、母に聞いたことがありましたし、
自分が母になってからは娘から聞かれました。

どっちも好きだよ。
と平凡な答えしか出せない私ですが、
この絵本ではお母さんが子供たちを果物に例え、とても素敵に答えていました。
中でも好きなのは、
ふたりがまったくちがうけしきをみせてくれるから、
ママは、まいにちいろんなところへたびをしているように、たのしいわ。
という言葉。
きょうだいって似ているようで、本当にその通りだなぁと私も二人の娘をみていて思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい リズミカルなオノマトペ  投稿日:2020/10/09
どんぐりとんぽろりん
どんぐりとんぽろりん 作: 武鹿 悦子
絵: 柿本 幸造

出版社: ひさかたチャイルド
柿本幸造さんの絵が大好きなんです。
中でもやはり、どうぞのいすやどんくまさんなど、動物の絵が本当にかわいいんですよね。
そこに溶け合う、武鹿悦子さんのリズミカルなオノマトペ。あまり聞き慣れない擬音語なのですが、とても心地よく耳に残ります。
どんぐりの季節にはぜひ読みたい一冊です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ハロウィンについてよく分かる!  投稿日:2020/10/09
ハロウィーンって なぁに?
ハロウィーンって なぁに? 作: クリステル・デモワノー
訳: 中島 さおり

出版社: 主婦の友社
いつからか、この時期になるとハロウィンだと騒ぎ出すようになりましたが、
私たちが子供の頃は全く馴染みのなかったハロウィンというイベント。
トリックオアトリートと言うとお菓子を貰える
みんなで仮装をする
くらいの認識しかなかったのですが、
魔女や妖怪など、怖いもののお祭りなのですね。
本来は怖がらせるような仮装をしないといけないようので、日本人がやっている仮装は少しちがうのかな?
かぼちゃのランタンについてもよく分かりました。
なかなかハロウィンについて知る機会がなかったのでとてもためになりました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 五味さん流のでの使い方  投稿日:2020/10/08
ので ので ので
ので ので ので 作・絵: 五味 太郎
出版社: 福音館書店
ので ので ので
タイトルの通り、ので、が沢山出てきます。
○○した。ので…
といった具合に、文章がずっと続いていきます。
物語になっているというよりは、
突拍子もないものへ繋がっていくのですが、
その言葉選びが、さすがは五味太郎さん!
子供は、ので、ってこういう風に使うんだなというのが分かるかもしれません。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい サンタさんの秘密  投稿日:2020/10/07
あのね、サンタの国ではね…
あのね、サンタの国ではね… 作: 嘉納 純子
絵: 黒井 健

出版社: 偕成社
ずっと気になっていたクリスマス絵本、ようやく読みました。

サンタクロースの1年間が1月から順番に描かれているのですが、まずびっくりしたのは、サンタクロースって一人じゃなかったんだ!ということ。
のっぽのサンタ、やせっぽちのサンタ、色黒サンタ等。
このサンタさんたちが、子供たちからのお礼の手紙を読んだり、トナカイはそりをひいたり、空を飛んだりする勉強のために、トナカイ学校に通ったり。
しかも、サンタさんはトナカイが空を飛べないから太りすぎてはダメなんだそうで。

色々と知らなかったサンタの国の秘密が詰まった一冊でとても面白かったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい クリスマスはなんの日なのか  投稿日:2020/10/07
クリスマスって なあに
クリスマスって なあに 作・絵: ディック・ブルーナ
訳: 舟崎 靖子

出版社: 講談社
クリスマス=サンタさんからプレゼントをもらえる日としか思っていない子供たち。
そろそろ、クリスマスのちゃんとした意味を教えたく、また、次女がディックブルーナさんの絵本が好きなので、クリスマスとはどういう日なのかという絵本はいくつかありますが、こちらを選びました。
子供には難しい絵本かなと心配もあったのですが、クリスマスについて思っていた以上にとても分かりやすく描かれていたのは嬉しい誤算でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 意外と大変  投稿日:2020/10/07
しごとをとりかえただんなさん
しごとをとりかえただんなさん 作・絵: ウィリアム・ウィースナー
訳: あきのしょういちろう

出版社: 童話館出版
奥さんの家事が楽そうに見えただんなさんが、奥さんと仕事を取り替えるというお話。

うちの夫からも昔、一日楽そうで羨ましい。代わりたいぐらい、と言われたことがあります。
が、本当にしごとを取り替えたこのお話にはびっくり!

でもね、意外と楽ではないんですよね、家の仕事も。
まあもちろん、外で働くのが大変なことは百も承知です。どちらが大変かとかを比べることがナンセンスですね。

子供より大人の為の絵本でしょうか。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う お国柄かしら  投稿日:2020/10/07
エリック
エリック 作: ショーン・タン
訳: 岸本 佐知子

出版社: 河出書房新社
手のひらサイズの小さくてかわいい絵本です。
不思議な絵が目をひきます。

交換留学生としてやってきたエリック。
エリックは一体何者なのか、私は最後まで読んでも分かりませんでした。
何かあると、お国柄かしら、というおかあさん。
そう思うと、色んなことを受け止められる気がするから不思議です。

そしてずっと白黒だった物語の最後だけに色が。これがとても美しく、エリックの心をよく表しているように思いました。
参考になりました。 0人

1016件中 31 〜 40件目最初のページ 前の10件 2 3 4 5 6 ... 次の10件 最後のページ

【連載】最終回 廣嶋玲子さんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット