季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
新刊
いないいないばあ にゃあにゃのゆびにんぎょうセット

いないいないばあ にゃあにゃのゆびにんぎょうセット(童心社)

日本一の絵本『いないいないばあ』からかわいい指人形付のギフトセットが登場!

  • かわいい
  • ギフト

tori.madamさんの公開ページ

tori.madamさんのプロフィール

ママ・30代・大阪府、女の子7歳 女の子4歳

tori.madamさんの声

1408件中 31 〜 40件目最初のページ 前の10件 2 3 4 5 6 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 悪いやつだよ、ラルフは。  投稿日:2021/01/17
あくたれラルフ
あくたれラルフ 作: ジャック・ガントス
絵: ニコール・ルーベル
訳: 石井 桃子

出版社: 童話館出版
あくたれラルフ、タイトルの通り、相当なあくたれです。
表紙の悪そうな顔笑。お人形の首もとれてますし。
でもでもこんなのは序の口で、家の中だけではなく、よそでも迷惑をかける様は本当にひどい。
サーカスに置き去りにするのはうーん。。と思いながらも、家族がお手上げになるのもちょっと分かる気もします。
でも、やっぱり帰ってくるんです。そして温かく迎えてくれる家族。
やはり何だかんだラルフは愛されているんですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 楽しい数字の物語  投稿日:2021/01/15
1から100までのえほん
1から100までのえほん 作・絵: たむらたいへい
出版社: 戸田デザイン研究室
最近数字に興味が出てきた次女に読みました。
図鑑のような感じなのかなと思っていたら、ちゃんとストーリー性があることに驚きでした。
まだまだ大きい数については理解できていませんが、絵本としても十分に楽しめるので、数字に親しむための最初の一冊にはいいと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 楽しい写真撮影  投稿日:2021/01/15
カシャッ!
カシャッ! 作: 北村 人
出版社: ポプラ社
とてもかわいらしいお話ですね。
男の子がカメラをかまえて、カシャッとシャッターをきると、
バナナは皮がむけて、卵はわれて、お豆はさやから出てきて、にっこり。
あれ、でも牛乳だけは…!?

どれも小さな子にも馴染みのある食べ物なので楽しく読めると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ひとつぶのおこめが!  投稿日:2021/01/15
1つぶのおこめ
1つぶのおこめ 作・絵: デミ
訳: さくま ゆみこ

出版社: 光村教育図書
算数が苦手な長女に、少しでも楽しいと思ってもらえたらなぁと思って読みました。
かけ算のお話なので、まだ小1の娘はあまりすごさが分からなかったようですが、王さまとのやりとりは面白かったようです。
ひとつぶのおこめがまさかここまで!
九九が分かるようになったらまた読んでみたいですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 不思議なプール  投稿日:2021/01/15
すいかのプール
すいかのプール 作: アンニョン・タル
訳: 斎藤 真理子

出版社: 岩波書店
夏の風物詩ともいえるすいか。
これをプールにしてしまおうって、すごい発想!
でも、すいかのプールなんて入ったことがないけれど、食べた時のあの食感から、ズブッズブッと足が埋まるような感覚、なんとなく分かるような気がします。
村のみんながこの不思議なプールに、市民プールのような感覚で普通に入ってるのがなんだか面白かったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ねこがバレエ!?  投稿日:2021/01/15
バレエのおけいこ
バレエのおけいこ 作: 石津 ちひろ
絵: 庄野ナホコ

出版社: ブロンズ新社
飼い主のまいちゃんが通うバレエ教室に通うことになった、猫のみいさんの物語。
猫のみいさん、バレエは大好きなんですが、なかなか思うように上達せず落ち込んでいると、
夜、くまのぬいぐるみが秘密のレッスンをしてくれます。
最後は軽やかにくるんと回っていたみいさん。
とにかく庄野さんの描く絵が素敵で、人間にまじって猫のみいさんが一緒にレッスンをしている姿など、とてもかわいかったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 胸がしめつけられる  投稿日:2021/01/15
さいごのこいぬ
さいごのこいぬ 作・絵: フランク・アシュ
訳: ほしかわなつよ

出版社: 童話館出版
とってもいいお話なんですが、読んでいて切なくなりました。
この子犬は、人間にすると歳はいくつくらいなんだろう?
まだ小さいうちからなんでも一番最後。何だか劣等感のかたまりのようになってしまいそうで、子犬の気持ちを考えたら胸がしめつけられそうになりました。
でも、最後に出会った少年の最初の子犬になったことで、きっとこの子の未来は明るいと思えました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい かわいい自転車の旅  投稿日:2021/01/15
チリとチリリ ゆきのひのおはなし
チリとチリリ ゆきのひのおはなし 作: どい かや
出版社: アリス館
自転車で冒険に行く二人の女の子チリとチリリ。
冒険なんだけれど、二人の行く先はどこかメルヘンチックで、どいかやさんらしさが漂います。
今回の雪や氷の世界もやっぱりかわいい。
チリとチリリが、お花のつぼみを凍らせたビー玉をもらった時、きっとどこかで溶かして使うんだろうなぁとは思ったのですが、温泉とは!沢山のお花が浮かぶ温泉、とても綺麗でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 誕生日ケーキをやくの  投稿日:2021/01/15
ケーキがやけたら、ね
ケーキがやけたら、ね 作・絵: ヘレン・オクセンバリー
訳: せな あいこ

出版社: 評論社
小さな女の子が動物たちに協力してもらいながら、材料を集め、自分の誕生日ケーキを作るおはなし。
こんなに小さな子が、○○が足りないのってやって来たら、愛おしくてなんでも手伝ってあげたくなっちゃいますね。
誕生日プレゼントにもぴったりの絵本だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 十二支にねこがいない理由  投稿日:2021/01/15
十二支のはじまり
十二支のはじまり 作: 岩崎 京子
絵: 二俣 英五郎

出版社: 教育画劇
有名な十二支の物語。
なぜ、十二支はねずみが一番最初なのか?
なぜ、十二支の中にねこはいないのか?
などなど。
十二支について分かりやすく描かれたお話です。
私はこれを初めて読んだとき、ねずみってセコい!と思いました笑。
参考になりました。 0人

1408件中 31 〜 40件目最初のページ 前の10件 2 3 4 5 6 ... 次の10件 最後のページ

『あっぷっぷのぷ〜』 すずきまみさんインタビュー

出版社おすすめ

  • かける
    かける
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    はらぺこめがね最新刊!ケチャップ、シロップ、粉チーズ…かけるは美味しくなる魔法です★

全ページためしよみ
年齢別絵本セット