新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
貝の子プチキュー

貝の子プチキュー

  • 絵本
作: 茨木のり子
絵: 山内 ふじ江
出版社: 福音館書店

税込価格: ¥1,980

「貝の子プチキュー」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2006年06月
ISBN: 9784834021431

出版社のおすすめ年齢:5・6歳〜

この作品が含まれるテーマ

【絵本ナビ×福音館】福音館の絵本とグッズ、そろってます

出版社からの紹介

プチキューは小さな小さな貝の子どもでした。いつもひとりぼっち、さみしくなるとエンエンエンと泣きます。ある日、一度も行ったことのないところへ歩いてみようと、したべろみたいな足をふみだしました……。

ベストレビュー

ほんものの絵本

詩人の言葉を読み、きれいな海の絵が見たくて自分用に買いました。

不自由はなかった小さな貝の子が、退屈なままでない、自分の足で世界を広げようと、いつもの場所を飛び出します。
きれいなものが見たくて、宝石がしまってあるという岩場を目指して
海の奥へ、奥へ

イカの結婚式に遭遇し、魚たちみんなで眺めます。
イカの行列なんて設定がおかしくて、印象的です。

星を眺める岩場について、きれいなきれいなものを眺めることはできたけど、寒くて、疲れて、力がもうない。
カニの子と喧嘩して、最中に絶命

残ったのは貝殻だけ。それも流されプチキューを知る者はいない。


小さなお話かと思っていたのに
とことん大きなお話でした。


けれどなによりびっくりしたのは2歳の娘がずっと聞いていたこと。
途中で絶対膝を離れると思っていたのに
最後まで集中力が切れることもなかった。
次の日もせがんできちんと聞いてくれた。

難しくないはずはないし、楽しくもないと思うのに
ほんものの言葉と絵にはこれほどの力があるのかと感激しました。
(ミルキーミルキーさん 20代・ママ 女の子2歳、女の子1歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

990円
1,210円
550円
1,430円
1,320円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

3,300円
1,980円
3,960円
825円

出版社おすすめ




えほん新定番 from 好書好日 新井洋行さん

貝の子プチキュー

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.36

何歳のお子さんに読んだ?

パパの声 1人

パパの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら