新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
ハッピーハンター

ハッピーハンター

作: ロジャー・デュボアザン
訳: 安藤 紀子
出版社: ロクリン社

税込価格: ¥1,760

「ハッピーハンター」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2017年09月29日
ISBN: 9784907542504

出版社からの紹介

コルデコット賞作家、デュボアザンが遺した名作を初邦訳

狩りのできない心優しいハンターと動物たち。
実話をもとにした、心温まる物語です。
1961年初版のアンティーク絵本を初邦訳。

【あらすじ】
勇ましい格好のハンター姿に憧れたボビンさん。
ある日、同じ服と大きな銃を手に入れて狩りに出かけました。
森で出会う様々な動物たちに銃を向けますが、いつもしくじって逃げられてしまいます。
ボビンさんの本当の狙いは何なのでしょう?

内容紹介

1961年初版の作品を初邦訳。狩りのできない優しいハンターと動物たちの交流を描く。

ベストレビュー

ボビンさんが狩るのは…。

森のはずれの小さな家に住んでいる、ボビンさん。戸口のベンチに座って、パイプをふかしながら、丘や空や動物たちをながめるのが大好きです。

ある日、家の外を通るハンターを見たボビンさんは、その出で立ちに感銘を受けます。自身、格好いいハンターの衣装に身を包み、猟銃を持ち、草原に出かけたボビンさんがハントしたのは…。

ボビンさんも動物たちも「狩り」の時間を本当に楽しんでいるのが伝わってきて、心が温かくなります。狩りの後でボビンさんが食べる夕食も、すごく美味しそう。結末も素敵です。

落ち着いたタッチの絵とともに、ゆったりと、優しい時間を過ごせる一冊です。

(こはこはくさん 50代・ママ 男の子12歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,430円
1,430円
1,540円
1,320円
1,430円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,650円
880円
550円
1,430円

出版社おすすめ




ディズニー映画『アナと雪の女王』10周年 本の世界に踏み出そう

ハッピーハンター

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら