話題
どうぶつのわかっていること・わかっていないこと

どうぶつのわかっていること・わかっていないこと(小学館集英社プロダクション)

『世界一受けたい授業』で紹介!京大の動物博士監修の「答えのない問いに向き合う力」を育てる新感覚の絵本

  • かわいい
  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
やかまし村のクリスマス

やかまし村のクリスマス

  • 児童書
作: アストリッド・リンドグレーン
絵: イロン・ヴィークランド
訳: おざきよし
出版社: ポプラ社

税込価格: ¥1,320

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 2003年11月
ISBN: 9784591078891

出版社のおすすめ年齢:低学年〜

この作品が含まれるシリーズ

おはなし

 やかまし村には3軒の家があり、7人の子どもがいます。クリスマスが来ると、やかまし村はとびきり楽しくなります。クリスマスの3日前にしょうが入りのビスケットを焼き、クリスマス・イブの前の日には森へ行き、クリスマス・ツリーを切ります。イブの晩には、家を1軒1軒まわり、クリスマスの歌を歌います。

やかまし村のクリスマス

みどころ

 『長くつしたのピッピ』でおなじみスウェーデンの児童文学作家リンドグレーン作「やかまし村シリーズ」のクリスマス絵本。女の子リーサが、やかまし村のクリスマスを回想して語るお話です。作中のビスケットの缶から想定して、時代は1925年以降。男の子3人、女の子4人が力を合わせて生活する姿は、当時の生活力そのものだったのでしょう。笑顔のたえない子どもたちの様子から、たくさんの元気がもらえそうです。一番小さな女の子ケルスティンやおじいちゃんと子どもたちのやりとりは、このお話をさらに愛しいものにしています。家族、友だち、ご近所、人間っていいな……とふと再確認。ほのぼの明るい気持ちになれる一冊です。写実的でかわいらしいイラストは必見ですよ。
――(ブラウンあすか)

出版社からの紹介

やかまし村にクリスマスがきました。クリスマスの準備って、なんて楽しいのでしょう! リンドグレーン作品の待望の復刊絵本です。

ベストレビュー

やかまし村へようこそ!

子ども時代に教科書で読んだ『やかまし村のこどもたち』を
この夏ふと思い出し、読み直してみました。
そうそう、こんなおはなし!
記憶にはっきりと残るおはなしだったんだ、と
とても感心しました。

ということで、最近復刊された
この『やかまし村のクリスマス』。
3軒しかないとはいえ、
こんなに子ども達がいるのは素敵なことです。
だからこそ、「ごきげんな」クリスマスなんです。
しょうがビスケット作りの台所。
焚き木集め、クリスマスツリーの調達・・・。
ケーキを前にみんなうれしそうなこと!

やかまし村のおはなし、
私から我が子へのクリスマスプレゼントです。

(レイラさん 30代・ママ 男の子11歳、男の子8歳)

この作品を紹介しているサイトを見る >>> ユウchan「やかまし村のクリスマス」

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

2,090円
1,210円
1,210円
1,210円
5,280円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,980円
2,860円
550円
1,980円

出版社おすすめ




絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

やかまし村のクリスマス

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.71

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら