新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

なけない ちっちゃい かえる

なけない ちっちゃい かえる

  • 絵本
作: エクトル・シエラ
絵: やまうちかずあき
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,210

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2004年
ISBN: 9784790251187

出版社のおすすめ年齢:3歳〜

出版社からの紹介

恥ずかしがりやで、なかなか外国語を話そうとしない日本人。上手でなくても、まず自己流で話せばいいのに・・・という作者の主張からこのお話は生まれました。ちっちゃいかえるは池の外へ出て、初めて動物がそれぞれの鳴き声で鳴くことを知ります。それから池に戻って、自信をもって自己流で鳴きます。このシーンではちっちゃいかえるが大きく描かれます。すると、他のかえるや動物たちが温かく迎えてくれました。月齢の低い子どもを応援してくれるような、温かな絵本です。

ベストレビュー

かえるの鳴き声の秘密

コロンビアから10年前に来日した作者が、自分の日本語で話せるようになるまでの気持ちを思い起こして書いた作品だそうです。また、外国語を勉強しようという意欲はあっても、なかなか実際に話そうとしない、完璧主義?恥ずかしがりや?の日本人にあてたメッセージもこめられています。

ということは、作者の言葉を読むまでわかりませんでした。まなんだか、エリック・カールの「だんまりこうろぎ」に似ているなあと読み始めたのです。でも、かえるが泣けるようになるきっかけはちがっていました。みんなちがう鳴き方をしているんだから、自分は自分のなきかたでいいんだと悟ったからです。

5歳の娘には、この作者のメッセージは伝わりません。彼女はかえるさんの鳴く話としか捕えていないでしょう。コラージュの絵と動物達の表情をじっくり楽しんでいました。
(えっこさん 40代・ママ 男の子12歳、女の子9歳、女の子5歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,430円
1,210円
990円
1,430円
1,540円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

3,960円
3,300円
2,640円
880円

出版社おすすめ

  • はるのおくりもの
    はるのおくりもの
    出版社:日本標準 日本標準の特集ページがあります!
    雪を見たいカエルと見せてあげたいキツネとウサギ。心あたたまるお話を美しい四季の絵にのせてお届けします



人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

なけない ちっちゃい かえる

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.55

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら