新刊
うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 恐竜

うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 恐竜 (小学館集英社プロダクション)

お子さまの塗ったぬりえが、アニメーションになる!フランス生まれの画期的なぬりえシリーズ!

  • かわいい
  • 盛り上がる
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ

TOP500

レイラ

じいじ・ばあば・50代・兵庫県、女の子0歳 女の子0歳

  • Line
自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

7246件中 11 〜 20件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい みんな わいわい いきている  投稿日:2024/06/03
なんていいひ
なんていいひ 作: リチャード・ジャクソン
絵: スージー・リー
訳: 東 直子

出版社: 小学館
『THIS BEAUTIFUL DAY』が原題。
伸びやかな絵のスージー・リーさんの絵に惹かれてセレクト。
東直子さんの意訳は、まさにぴったりです。
雨の日を、「なんていいひ」ととらえる展開です。
雨が降って、つまらない風の子どもたち。
でも、音楽をかけると踊り出して…。
モノクロの画面から、少しずつ彩色が増えて、楽しさが伝わってきます。
雨が降ってもやんでも、ほら、楽しみはたくさん。
幼稚園児くらいから、雨の日をたっぷり楽しめそうです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う やや難しい  投稿日:2024/06/01
ぱんだんす
ぱんだんす 文: やまぐち りりこ
絵: すがわら けいこ

出版社: アリス館
たのしくておどりたくなるえほん、とのことですが、
やや難しい印象です。
なるほど、パンダとダンスの言葉遊びですね。
オノマトペも軽快に、愉快な展開ですが、
まねっこはやや難易度高め。
どちらかというと言葉遊びを楽しもう、という展開。
パンダとパンのコラボはなかなか圧巻の図ですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ことりさんの答え  投稿日:2024/06/01
なにまってるの?
なにまってるの? 作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ
出版社: 文溪堂
かえるさん、りすさん、たんぽぽさん、ちょうちょさん、ふくろうさん、ことりさんに
表題を問いかけ、答えてもらう趣向。
繰り返しがいいリズムとなっています。
そして、その答えが何ともいい塩梅。
自然をいっぱい体感です。
しかも、有無両方の答えが対になっているのも滋味深いです。
ラストの答えがとても素敵な余韻です。
小さい子から楽しめそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いちごを育てる理由  投稿日:2024/05/31
パッピプッペポーのいちごパーティー 3
パッピプッペポーのいちごパーティー 3 企画・原案: あいはら ひろゆき
絵: 宮野 聡子

出版社: KADOKAWA
こぐまの兄弟、パッピ、プッペ、ポーのおはなし。
祖父母と暮らしているのですが、いちご作りにチャレンジ。
苗を植えるところから始まって、畑の手入れなど、3兄弟の奮闘が頼もしいです。
なにより、いちご作りの理由がほっこり。
両親が帰ってくるのがいちごの季節だからって、その思いにジーンときました。
もちろん、無事に収穫し、両親とも再会、収穫したいちごで、
素敵なパーティー!
なんて素敵な光景でしょうか。
みんなそろった嬉しさをたっぷりと体感しました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい みんなの気持ち  投稿日:2024/05/31
パッピプッペポーのパンケーキ
パッピプッペポーのパンケーキ 作: あいはら ひろゆき
絵: 宮野 聡子

出版社: KADOKAWA
こぐまの兄弟、パッピ、プッペ、ポーのおはなし。
おばあちゃんの誕生日のために、パンケーキ作りに頑張る3兄弟の姿が愛おしいです。
そりゃあ、こんなに素敵に美味しそうに焼きあがったら、ね。
味見をしてしまったことを素直に打ちあけるのも愛らしいですし、
おばあちゃんのリアクションも素敵。
みんなの気持ちがとても温かいです。
だからこそ、リベンジは華やかに。
わあ、とびっきりのパンケーキ!
心もお腹も満たされた気分です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 精巧な難しさ  投稿日:2024/05/31
どっち?
どっち? 作: キボリノコンノ 脇田 あすか 山口 日和
出版社: 講談社
シンプルな題名ですが、大人でも難しいレベルです。
作者そのまま、木彫りの物を見つけ出す趣向ですが、
精巧だけにとても難しいです。
食べもののアイテム集ということで、
答え合わせは、食べてみせたり、裏返したり、加熱したりと、
バラエティ豊か。
ヨックモックのシガールなんて、すごい!
思わず調べたら、ワークショップもしているらしく、
インタビュー記事によると、なかなか自然体のお人柄のよう。
これからも驚く作品よろしくお願いします!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 好きなことすると  投稿日:2024/05/31
なにしてるの?
なにしてるの? 作: 鈴木 まもる
出版社: ポプラ社
男の子が、大人たちに「なにしてるの?」と尋ねる趣向。
注目は、みんな「好きなことだから」と答えること。
好きなことをしている大人たちがカッコいいですね。
しかも、誰かに喜んでもらうことを自分の喜びとしている姿、
嬉しいです。
でもね、男の子だって!
そう、これは素敵な展開。
幼稚園児くらいから、素敵な気づきを得られそうです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 散歩の楽しさが可視化  投稿日:2024/05/31
さんぽ
さんぽ 絵: 杉浦 さやか
出版社: フレーベル館
「となりのトトロ」で有名な「さんぽ」(中川李枝子さん作詞!)の絵本化。
散歩の楽しさが可視化されているのが嬉しいです。
改めて歌詞をじっくりと読み込めば、その世界の豊かさを再発見です。
生き物たちもたくさん出てきますね。
だからこそ、ラストの「ともだちたくさん♪」が素敵です。
歌と一緒に楽しみたいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 道具の魅力  投稿日:2024/05/31
しごとのどうぐ
しごとのどうぐ 作: 三浦 太郎
出版社: 偕成社
三浦太郎さんが紡ぐ仕事の世界。
注目は、道具という切り口です。
まず、道具を提示し、どんな仕事か類推させる趣向。
マニアックな道具もありますが、幼稚園児くらいから大体わかるレベルでしょうか。
やはり、専門的な道具って、魅力的ですね。
それだけに仕事を考えるきっかけになりそうです。
ラストは暗示的ですが、なんとなく、気持ちわかります。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 躍動する水  投稿日:2024/05/29
水はうたいます
水はうたいます 作: まど・みちお
絵: nakaban

出版社: 理論社
「まど・みちおの絵本」シリーズ。
まど・みちおさんの詩が、絵本として可視化されるのが嬉しいです。
まずは音読して、その心地良さを味わいます。
豊かなオノマトペと、繰り返し。
水の循環を、躍動的に活写しています。
nakabanさんの絵が、その世界観に溶け込みます。
永遠という着地が壮大ですね。
参考になりました。 0人

7246件中 11 〜 20件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

出版社おすすめ

  • みみカスいっか
    みみカスいっか
    出版社:ニコモ ニコモの特集ページがあります!
    たっくんは、みみそうじが だいきらい。 そんなあるひ、どこからか こえが きこえてきて・・・・・・。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット