新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる

TOP500

みみずくまま

ママ・40代・三重県、男の子15歳 男の子13歳

  • Line
自己紹介
男の子二人のママです。
毎日、絵本や歌の絵本を読んであげています。
親子でこころがあったかくなる絵本をさがしてます。

息子が大好きな絵本

公開

みみずくままさんの声

124件中 51 〜 60件目最初のページ 前の10件 4 5 6 7 8 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 広がる世界 まだまだつづく  投稿日:2012/01/24
せんろはつづく どこまでつづく
せんろはつづく どこまでつづく 文・絵: 鈴木 まもる
出版社: 金の星社
私としては、最初のせんろはつづくの方が素朴で好きなのですが
うちの3歳の息子は、この3作目が大好き

どんどん広がる世界に
朝から夕焼け、そして星空と変化してゆく空の様子をみて
繰り返し繰りかえし本当に楽しそうに眺めています。

大好きな新幹線がでてくることも理由なのかもしれませんが
いつか僕も線路をつくる!と嬉しそうに話す息子をみて
やっぱり買ってよかった。と思える絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 天真爛漫なカエルたち  投稿日:2011/12/14
びっくりたまご
びっくりたまご 作: レオ・レオニ
訳: 谷川 俊太郎

出版社: 好学社
3歳の息子に読んでいます。

レオ・レオニのカエルやワニが大好きな息子は、この絵本も(絵が?)お気に入り。しかも、最後にワニのママがでてくるところで大喜び

知ったかぶりともとれますが、何も知らずにワニを育てる3匹のカエルの天真爛漫さが 3歳くらい子供たちをみるようでかわいらしいです。
ちょうど、3歳くらいの子供は物事の思い込みや決め付けが激しい時期。知ったかぶりするくらいが、成長する過程ではちょうどいいのかも知れません。

文章も長くなく、3歳くらいの子から読み聞かせるのにおすすめのレオニの絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい トカゲに魅せられて  投稿日:2011/12/14
アレクサンダとぜんまいねずみ
アレクサンダとぜんまいねずみ 作・絵: レオ・レオニ
訳: 谷川 俊太郎

出版社: 好学社
3歳には、物語の深いところは理解できないかもしれませんが
3歳児にも読み聞かせできるストーリーだと思います。

レオ・レオニの作品は、絵もかわいらしく子供の好きな動物もでてきて
更に文章も長くないので、3歳頃から読み聞かせするのに調度よいです。

願いをかなえてくれるトカゲが幻想的で魅せられます。
いかにも魔法が使えそうな感じのイラストで
さらに、むらさき色のこいしが、ぞっとするほど美しく

生きていることって、とっても素晴らしいこととは
まだ3歳では理解できませんが、
最後にネズミが二匹になって嬉しいみたいです。

息子が何かしらを感じるまで 長く読んであげたいと思います。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 言葉の大切さ  投稿日:2011/12/14
あいうえおの き
あいうえおの き 作: レオ・レオニ
訳: 谷川 俊太郎

出版社: 好学社
言葉がなければ、気持ちを伝えることができないことを考えさせられる絵本です。

最初は、タイトルをみて言葉を覚えるための絵本だと思いました。
読んでみて、心が温かくなる絵本です。

こうやって、自分の感動を伝えることも文字があるからできるのだと実感させられました。

平和を訴える素敵な絵本です。
子供だけではなく、多くの人に読んで欲しい作品です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 小さいおうちがいいの?  投稿日:2011/12/14
せかいいち おおきなうち りこうになったかたつむりのはなし
せかいいち おおきなうち りこうになったかたつむりのはなし 作・絵: レオ・レオニ
訳: 谷川 俊太郎

出版社: 好学社
大人でも解釈が難しいこの絵本。
親として、もう解釈は子ども自身にゆだねることにしました。

「おうちって、ちいさいほうがいいの?」といわれ
そういう話なのかしら?と私でも首をかしげてしまうほど

○○が成長したときに分かるんじゃないかな?
なんて、無責任なことを言ってしまいました。

それにしても、レオ・レオニにでてくる登場人物?は
物事を否定しない人が多く、親として見習わなければと思いました。

ちびかたつむりがのびのびと世界中を旅をするように
我が子もおおらかな子供に育ってほしいと願いつつ
この絵本を読んであげたいとおもいます。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい やり取りがおもしろい  投稿日:2011/12/12
ここにいたい!あっちへいきたい!
ここにいたい!あっちへいきたい! 作: レオ・レオニ
訳: 谷川 俊太郎

出版社: 好学社
絵本に出てくるノミは
保守的なノミと好奇心旺盛のノミと対照的な二匹

私の二人の姉を見ているようで笑ってしまいました。
実家をこよなく愛し、実家に就職した姉
高みを目指して、自分の目指すもののために
海外でもどこにでも行ってしまう姉

それぞれの話を聞いていると、いい点・悪い点があります。

どちらの考え方がよいとかではなく、
いろんな考え方があり、お互いの考え方は互いに理解できなくても
話を聞くと、全く違う生活・世界がありおもしろいです。
うちの親は、性格の異なる子供を上手く育てたな。と思います。

わが子は、どんな風に育つのかはまだまだわかりませんが
今のところは冒険大好きなノミに共感しているみたいです。
まだ3歳なので、新しいことにどんどん興味を示してくれることを嬉しく思います。
成長する過程で、わが子がどちらのノミに共感を示すのかが楽しみです。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う 心を豊かにしてくれる絵本  投稿日:2011/12/12
マシューのゆめ
マシューのゆめ 作: レオ・レオニ
訳: 谷川 俊太郎

出版社: 好学社
レオ・レオニのねずみがでてくる作品(フレデリックやジェラルディンなど)は、心を豊かにしてくれる絵本が多いような気がします。

どの作品も最初は主人公がどうなってしまうのだろうと
ヒヤヒヤしてしまいますが、最後にはハッピーエンドになります。
かわいらしい絵で、文章も短いので、子供に読んでみましたが
この3作品は、もしかすると子供向けではなく
子供を育てる親向けなのかなぁ。と感じました。

大切なことや、心を豊かにしてくれることは世の中にはたくさんあると

そんなことを感じましたが
とても綺麗な絵なので、子供にもおすすめの絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 素直になれない大人にも読んで欲しい  投稿日:2011/12/12
コーネリアス
コーネリアス 作: レオ・レオニ
訳: 谷川 俊太郎

出版社: 好学社
3歳の息子に読んでみましたが、絵本の世界はワニが立ってあるくようなファンタジーな世界が多いので、息子はコーネリアスが立って歩くことに、全く違和感を感じておらず、いまいちピンときていないみたいでした。

違和感を感じていないなりに、コーネリアスが棒にぶら下がったことは
「すごい!」と理解できたようで、「おぉ」と喜んでいました。
コーネリアスみたいに、サルがすごいと素直に認める息子をみて
もしかすると、この絵本は、人のことを認められない大人が読む絵本なのでは、と感じてしまいました。

息子にも素直さをなくさないように、この絵本を読んであげたいと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 音のある生活  投稿日:2011/12/11
おんがくねずみ ジェラルディン
おんがくねずみ ジェラルディン 作: レオ・レオニ
訳: 谷川 俊太郎

出版社: 好学社
私事ですが、私の一つ上の姉は背が低く、きゃしゃで
レオ・レオニのねずみみたいに目の大きい人で
学生の頃、部活でフルートを吹いていました。
この絵本をみると、姉を思い浮かべて、笑ってしまいます。

ある日、かじったチーズの彫刻から、夜な夜な奏でられる音色をきくジェラルディン

この作品は、フレデリックの音楽版だと思います。
音楽を知り、心が豊かになるネズミたち。

お腹が空いている仲間たちと喧嘩にならないか、ひやひやしながら読みましたが、最後は、音楽はもう自分のものになったというジェラルディン

芸術って、本当に生活を豊かにしてくれるものだと再認識させてくれる絵本です。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う みんなと一緒じゃなくても  投稿日:2011/12/11
スイミー 小さなかしこいさかなのはなし
スイミー 小さなかしこいさかなのはなし 作: レオ・レオニ
訳: 谷川 俊太郎

出版社: 好学社
小学生の頃にスイミーと出会ってから
水族館に行くと、いつもスイミーを思い出します。
実際の魚たちも、スイミーみたいに小さな魚が集まって
大きな魚に食べられないように頑張っています。

そんな実際の知恵と勇気を分かりやすく子供に伝えてくれる絵本だと思います。

そして、自分がみんなと異なることを悲しまず、
前向きに受け止めるスイミーがとても頼もしく感じます。

大人になってから読んでも、いろいろなことを考えられる素敵な作品だと思います。
参考になりました。 0人

124件中 51 〜 60件目最初のページ 前の10件 4 5 6 7 8 ... 次の10件 最後のページ

いくつのえほん掲載絵本児童書一覧

出版社おすすめ

  • みみカスいっか
    みみカスいっか
    出版社:ニコモ ニコモの特集ページがあります!
    たっくんは、みみそうじが だいきらい。 そんなあるひ、どこからか こえが きこえてきて・・・・・・。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット