新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

新刊
うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 恐竜

うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 恐竜 (小学館集英社プロダクション)

お子さまの塗ったぬりえが、アニメーションになる!フランス生まれの画期的なぬりえシリーズ!

  • かわいい
  • 盛り上がる
マシューのゆめ

マシューのゆめ

  • 絵本
作: レオ・レオニ
訳: 谷川 俊太郎
出版社: 好学社 好学社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,650

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

ISBN: 9784769020172

この作品が含まれるテーマ

関連するスペシャルコンテンツ


カナガキ事務局長、廣川暁生さんに聞く、レオ・レオニの魅力


レオニ賞、Bunkamura賞決定!!


谷川俊太郎さんサイン本など、豪華賞品当選者発表!

▼ 絵本とあわせて欲しい♪タオルやポーチ、Tシャツなど。
>>レオ・レオニグッズはこちら

出版社からの紹介

ねずみのマシューは、汚い屋根裏の一隅に両親と住んでいました。将来何になりたいかと訊ねられても、答えることができません。学校の皆と美術館に行ったのが・・・

マシューのゆめ

ベストレビュー

ここには

色の魔術師と称されるレオ・レオニ。

彼の絵本は、どのページを開いてもハッとするような鮮やかな世界が広がっていて、
正に魔法にかけられたように、一瞬にしてその空間に引き込まれてしまいます。

その数ある絵本の中でも、特に広い世界を持っているのが、この“マシューのゆめ”だと思います。

そこに「スイミー」のような広い海がある訳ではありません。
物語の舞台となるのは、貧しいねずみマシューとその両親が住む屋根裏、美術館、
そしてタイトルとなっているマシューの夢の中という、ごくごく狭い場所たちです。

ですが、マシューが初めて訪れた美術館の中で“ここには せかいが まるごと ある”と思ったように、
暗く寂しい屋根裏の一角で ガラクタたちが色かたちを表した途端、マシューの中で、突然世界が広がり始めました。
マシューは美術館へ行った事、夢を見たことで自分の世界の鍵を開きましたが、
案外こういう些細な事が、自分の世界を広げるきっかけになるのかもしれません。

ですが、意思を持って行動しなければ、きっとマシューは貧しく寂しいねずみのままだったと思います。
広い世界の鍵を開いたマシューは、置かれた状況に屈する事なく、絵描きになると決め、絵を書き続けました。
そして、“ぼくの ゆめ”を掴みます。

どんな状況にあっても、想像する事と行動する事
この2つで、世界はぐっと広がるのだと思いました。
(なーお00さん 20代・その他の方 )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,650円
1,650円
1,320円
1,650円
1,650円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

825円
2,860円
1,540円
462円

出版社おすすめ




ディズニー映画『アナと雪の女王』10周年 本の世界に踏み出そう

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら