新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
新刊
世界の国からいただきます!

世界の国からいただきます!(徳間書店)

世界26か国の食べものを紹介した、楽しい大判絵本!

ティラノ大好きママ

ママ・30代・東京都、男5歳 女1歳

  • Line

ティラノ大好きママさんの声

53件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 子供もベットで変身  投稿日:2007/08/29
ぶたぬきくん もりへいく
ぶたぬきくん もりへいく 作: 斉藤 洋
絵: 森田 みちよ

出版社: 佼成出版社
子供がとっても喜びました。何度もリクエストされています。
絵がたくさんあって絵本というか漫画のような感じです。
息子が「僕も他のものに変身できる」って聞くので・・「やってみれば〜」と答えてみました。
するとこの本を読むたびに・・ベットででんぐり返しを繰り返しています。

年齢からもうすでにこのお話は「作り話」とわかりつつも・・もしかしたら本当に出来るのかな?と心の中で数%か思っている息子の姿がとってもいじらしかったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 楽しい親子のふれあい  投稿日:2007/08/29
ピッツァぼうや
ピッツァぼうや 作・絵: ウィリアム・スタイグ
訳: 木坂 涼

出版社: らんか社
この絵本は私には何度も読むというよりは・・これを参考にして子供と遊ぶきっかけになりました。

絵本ナビで上位にランキングしていて気になって、図書館で借りてきました。
読んだ後、もうすぐにこの遊びを実行!!
息子も下の小さな娘も一緒に家族で大笑いしながら遊びました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 言葉より心  投稿日:2007/07/18
わたしはあなたをあいしています
わたしはあなたをあいしています 作・絵: 宮西 達也
出版社: ポプラ社
大好きなティラノシリーズなので発売日に購入しました。

今回も愛を伝えてくれてます。でもまたまた悲しい結末に辛くなってしまいました。
違う土地の言葉が逆から読むと分かるのが面白い発想だな〜と思いました。でもとっても読みにくいので子供の読み聞かせには適当に外国語っぽく読んでます。それが意外といいらしく子供は大笑いしながら聞いてくれました。
3匹の子供たちの名前も「ウー・マー・イー」とするところも子供には大うけでした。

息子の幼稚園にも違う国の言葉の通じない子がいます。その子とはなかなかうまくいかずにいました・・この絵本をきっかけに言葉がつうじなくても友達になれることを知って欲しいと思いました。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 期待しすぎちゃった  投稿日:2007/07/11
まゆとおに−やまんばのむすめまゆのおはなし
まゆとおに−やまんばのむすめまゆのおはなし 作: 富安 陽子
絵: 降矢 なな

出版社: 福音館書店
絵本ナビでかなりいい評価だったので読んでみました。
私の感想としては・・お嬢さん、そんな簡単に怖い人についてっちゃダメだよ・・ってなんか現実的なこと考えてしまいました。
外見で人を判断してはいけない・・どんな人にもやさしく・・・たしかにそんな風に教えてあげたいけど今の世なのかできないな〜
息子にも「声をかけられてもついてっちゃダメよ」としつこく教えていたので、この絵本で鬼についてくまゆに「あぶないよね・・ママ」と言ってました。

息子が喜んだのは「ともだちや」シリーズのキツネ君が登場しているところでした。同じ人の絵だよ教えてないのに・・子供ってよく見てるな〜と感心しました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 私の口癖  投稿日:2007/07/03
だいじょうぶだいじょうぶ
だいじょうぶだいじょうぶ 作・絵: いとう ひろし
出版社: 講談社
絵本ナビで上位の方にあった本なので興味があり読んでみました。
大人の私にはなんだかグッときて最後には涙が・・
息子もきっと感動するはず・・と読んでみましたがあんまり反応がありませんでした。1回きりでもうそれ読まなくていい〜と言われました。
理由を見ると「おもしろくない。だいじょうぶっていつもママが言ってるのと一緒。」と言っていました。
確かに私は息子にこの絵本のように「だいじょうぶ すぐ治るよ。」とかこのおじいちゃんと一緒の考えだったからです。なので息子にはいつもママが僕に言ってることだからと思ったのかも・・
私としては「だいじょうぶ だいじょうぶ」といって育てる子育てが間違ってなかったのかな・・と少し安心しました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 幼稚園で人気絵本  投稿日:2007/07/03
キャベツくん
キャベツくん 文・絵: 長 新太
出版社: 文研出版
幼稚園で絵本を貸し出しています。
息子がみんなに評判だというこの絵本を借りてきました。
なかなか面白い発想・・子供にはおおうけ・・
大人の私には????
最近絵本には学び(愛とか友情とか・・)を期待してしまっているせいか・・この笑いになんとなくついていけない。
でもたまにはこんな軽い楽しい絵本もいいかな〜と横でニコニコする息子を見るとまた読んであげてしまいました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う この説もおもしろいかも  投稿日:2007/06/06
十二支のお節料理
十二支のお節料理 作: 川端 誠
出版社: BL出版
私の知ってる12支の決め方は一般的な初日の出までに神様のところまで動物で競争というものでした。
あのお話だと私の年のネズミはねこをだまして牛の背に乗っていくちょっとずる賢いタイプになってしまうのです。そんな話を息子にしたら「ママはずるっこだね」なんていわれてしまいました。でもこの本だとネズミ君はどのページにも登場して働き者って感じでした。子供も「ママのネズミ君、働いてるね」といわれました。
ネズミ年の私としてはこのお話はとっても嬉しかったです。
子供の自分の年のページは嬉しそうに何度も眺めています。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 表情がいい  投稿日:2007/06/06
ねずみくんのチョッキ
ねずみくんのチョッキ 作: なかえ よしを
絵: 上野 紀子

出版社: ポプラ社
私的にはちょっと物足りなさを感じてしまった絵本ですが・・子供にはとっても喜ばれました。何度も借りてきています。
シンプルで分かりやすくて、動物の表情がなんともいえなくうまく描かれています。最後のねずみちゃんのビックリした表情は最高です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ともだちシリーズ 最高!!  投稿日:2007/06/06
あしたもともだち
あしたもともだち 作: 内田 麟太郎
絵: 降矢 なな

出版社: 偕成社
この絵本ナビで一時期1位になっていたことがあり・・とっても読みたくて、図書館に足を運んでもなかなか借りられず、本屋さんでも売り切れ中。そしてやっと読むことができました。(ここの1位が影響してたのかな?絵本ナビの影響力ってすごい!)
期待通り!!とってもいい絵本でした。子供に何度も読ましてあげたい本です。
「あしたもあそぼうね!あしたもともだちだよ!!」のせりふが心にグッきます。子供にもこんないい友達がたくさんできたらいいな。いまさらながら私もこんな友達が欲しいと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 言葉を覚えたばかりの子にいい  投稿日:2007/06/04
しろくまちゃんのほっとけーき
しろくまちゃんのほっとけーき 作: わかやま けん
出版社: こぐま社
しろくまちゃんシリーズは1歳から2歳の子にピッタリの絵本。
簡単な言葉ばかりなので何度も読んでるうちに子供も一緒に繰り返しています。うちの子はこのしろくまシルーズで覚えた言葉がいっぱいあります。
ただ私としては絵も簡単すぎるかな・・と思います。動きがなんかロボットぽいのが残念・・
参考になりました。 0人

53件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

えほん新定番 from 好書好日さこももみさん

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット