新刊
しごとのどうぐ

しごとのどうぐ(偕成社)

この道具を使うのはどんな職業の人?なぞときにもなる、かっこいい絵本

  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 恐竜

うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 恐竜 (小学館集英社プロダクション)

お子さまの塗ったぬりえが、アニメーションになる!フランス生まれの画期的なぬりえシリーズ!

  • かわいい
  • 盛り上がる

ブルーローズマリー

ママ・40代・東京都、男13歳 男6歳

  • Line

ブルーローズマリーさんの声

51件中 21 〜 30件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい カレーは別腹  投稿日:2007/08/01
ぼくんちカレーライス
ぼくんちカレーライス 作: つちだ のぶこ
出版社: 佼成出版社
カレーの香りって子どもにだって大人にだって魅力的☆
事実、この本の中でもレストランで食事中の人もカレーライスを追加注文(?)してますもの。

カレーライスでわくわく出来る幸せ。
とっても大切だと思います。
「食」って奥深いテーマですよね。

子どもに「食べることって楽しいよ」って伝わる本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 優しい日本人を描いてくれてウレシイ  投稿日:2007/07/24
リサとガスパール にほんへいく
リサとガスパール にほんへいく 作: アン・グットマン
絵: ゲオルグ・ハレンスレーベン
訳: 石津 ちひろ

出版社: ブロンズ新社
もう本を開く前からワクワクしてしまいました。

だって場所は日本!(親子で大興奮)

私>
一体全体リサガスは何を「ひゃー、やっちゃった」するのかしら?

息子たち>
富士山に落書きかな?
東京タワーにひっかかるんじゃない?

と我が家では想像が広がっていたのですから!

答えは本を開いてください。
意外な人物が被害にあってます(笑)

でもやっぱり今回も憎めないリサガスでした♪
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい シンプル イズ ベスト  投稿日:2007/07/24
がたん ごとん がたん ごとん
がたん ごとん がたん ごとん 作: 安西 水丸
出版社: 福音館書店
イラストも内容もすごくシンプル。

で、そのお決まり、お約束な感じが子どもには心地よくて安心するみたいです。

定期的に図書館から借りることになる一冊です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 癒し系  投稿日:2007/07/24
ねっこぼっこ
ねっこぼっこ 作・絵: ジビュレ・フォン・オルファース
訳: 秦 理絵子

出版社: 平凡社
私的には、とにかく絵が優しく細やかできれい。
眺めているだけで癒されます。

我が家は男の子2人ですが、どちらも小さいときは虫嫌い。
でもこの本を読むとねっこぼっこが一生懸命に季節を過ごしてることがわかり、ちょっとは好意的になれた気がします。

参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 素敵すぎる!  投稿日:2007/07/24
おっと合点承知之助
おっと合点承知之助 作: 齋藤 孝
絵: つちだ のぶこ

出版社: ほるぷ出版
いました、いました私が子どもの頃にはこんな言い回しをする大人たちが!
しかも1人や2人ではなくうじゃうじゃと!

次々繰り出される言い回しが私には懐かしく、子どもたちには新鮮でした。

日本語の楽しさがぎっしり詰まったお勧めの一冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 「見てた」だって?!  投稿日:2007/07/17
おへそのあな
おへそのあな 作: 長谷川 義史
出版社: BL出版
この本を見ていたら、次男は「そうそう、僕も見てた」なんて言うんです。
長男と私は「ありえなーい!」と言いつつも(本当に見ていたのかな)なんて楽しめた一冊です。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい まねっこ大好き♪  投稿日:2007/04/11
ペネロペ ひとりでふくをきる
ペネロペ ひとりでふくをきる 作: アン・グットマン
絵: ゲオルグ・ハレンスレーベン
訳: ひがし かずこ

出版社: 岩崎書店
お着替えを自分で始めると、誰でも必ず顔や手足が引っかかりますよね。
ペネロペも一人でお着替えをして褒めて欲しくてがんばります!
そして、やはり顔が引っかかってしまうんです(^^;)
その表情がなんともいえず「かわいい」
我が子の成長に合わせて買い揃えたくなるシリーズだと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う きつねは一枚上手  投稿日:2007/02/14
おだんごぱん
おだんごぱん 作: (ロシア民話)
絵: 脇田 和
訳: 瀬田 貞二

出版社: 福音館書店
東京、青山にある「こどもの城」で人形を使った読み聞かせをしてくれた本。
(長男は保育園で知っていたようですが、私と次男はそれが初めて)

なんとも不思議な歌とともに、おだんごぱんは逃げ歩くのですが、きつねはさらに一枚上手。

こどもは「あ、食べられちゃった」で終りましたが、私には人間関係や生き方について深く問いかけられているようにも感じました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい でっかくなっちゃた?  投稿日:2007/02/14
くまさんアイス
くまさんアイス 作・絵: とりごえ まり
出版社: アリス館
棒つきくまさんアイスが、おおきなおおきなくまさんアイスに大変身!

プリンくんのように次々とおやつに誘われることを羨ましく思いながら読み進めると・・・
息子たちは予想通り「食べてみたい」「作って」と言い出しました。

あー、私だって食べてみたいよ、くまさんアイス♪
お願い!我が家にも来てください、プリンくんのママ。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ごっくんしないよ、安心して!  投稿日:2007/02/08
ねむるねこざかな
ねむるねこざかな 作・絵: わたなべ ゆういち
出版社: フレーベル館
すでにねこざかながお気に入りの次男は、この本で大たこから助けるためにいつもとは逆にねこくんがさかなくんをぱっくんするのを見て
「ごっくんしちゃうのぉ?」と心配そうでした。
もちろん、ごっくんはしない仲良しの二匹。
二度目からはいつもどおり
「ふんふふふーん、にゃんにゃにゃにゃーん♪」
と口ずさみながら読んでいます。
参考になりました。 0人

51件中 21 〜 30件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

えほん新定番 from 好書好日 新井洋行さん

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット