新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

TOP500

morimori

ママ・30代・山口県、女の子11歳 男の子2歳

  • Line

morimoriさんの声

1199件中 11 〜 20件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う おいしそう^^  投稿日:2021/01/17
でんしゃがきました
でんしゃがきました 作・絵: 三浦 太郎
出版社: 童心社
駅の名前にちなんだ食べ物の電車がやってくるところが面白かったです。さびぬき駅には、お寿司の電車がきて、マグロ、イクラ、お茶など、車両がすしネタになっていておいしそうでした。バター駅にはパンの電車がきて、いい香りがしてきそうな雰囲気でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う まさかの展開!  投稿日:2021/01/17
たべものやさん しりとりたいかい かいさいします
たべものやさん しりとりたいかい かいさいします 作: シゲタサヤカ
出版社: 白泉社
お寿司屋さんチーム、パン屋さんチーム、ラーメン屋さんチーム、レストランチーム、果物屋さんチーム、八百屋さんチームがしりとり大会に参加し、これは長いしりとりができそうだ!と思いました。ところが、最後に「ん」がつくメニューがほとんどで、たくさんのメニューたちが退場させられてしまいました。ラストはお店思いの優しいギョウザに感動しました^^
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 初めてのクリスマス  投稿日:2021/01/17
クラシック・ムーミン絵本 ムーミン谷のクリスマス
クラシック・ムーミン絵本 ムーミン谷のクリスマス 原作: トーベ・ヤンソン
文: アレックス・ハリディ セシリア・ダヴィッドソン
絵: フィリッパ・ヴィードルンド
訳: オスターグレン 晴子

出版社: 徳間書店
親子で大好きなムーミンですが、ムーミン一家が冬に冬眠してしまうというのはこの絵本を読んで初めて知りました。クリスマスって何だろう?怖いものなのかな?などと考えながら、ツリーやご馳走を用意していく様子は微笑ましいです。サンタクロースは出てきませんでしたが、準備が終わってまた冬眠するところがムーミンらしくて面白かったです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おいしそう^^  投稿日:2021/01/05
おはなしりょうりきょうしつ(6) こまったさんのグラタン
おはなしりょうりきょうしつ(6) こまったさんのグラタン 作: 寺村 輝夫
絵: 岡本 颯子

出版社: あかね書房
いろいろなグラタンが登場して、簡単ではありますが、作り方がわかるようなストーリーになっていました。寺村さんの本でわかったさんシリーズも親子で好きだったのですが、それと比較するとこちらの方が挿絵が多くて文章量が少なめでした。低学年までの子にちょうどよさそうです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ふくろうくん  投稿日:2021/01/04
ふくろうくん
ふくろうくん 作: アーノルド・ローベル
訳: 三木 卓

出版社: 文化出版局
なんでもないような日常の出来事が、ふくろうくんにとってはちょっとした恐怖体験になったり、不思議体験になったりしてしまい、思わずくすりと笑いが出てしまうお話でした。子ども目線だったら、ふくろうくんの気持ちがわかるのかも?という感じでした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ハッピーエンド  投稿日:2021/01/01
王さまかいぞくせん
王さまかいぞくせん 作: 寺村 輝夫
絵: 和歌山 静子

出版社: 理論社
王さまが大臣を箱の中に入れて公衆電話のところに連れて行ったとき、爆発が起きたので心配しましたが、花火だったのでほっとしました。王さまが船に乗っておひめさまを探しに行くとき、ドクロクドが突然登場したり消えたりする展開の速さに驚きました。ラストはハッピーエンドで良かったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 飲まれちゃった!  投稿日:2021/01/01
キダマッチ先生!(1) 先生 かんじゃに のまれる
キダマッチ先生!(1) 先生 かんじゃに のまれる 文: 今井 恭子
絵: 岡本 順

出版社: BL出版
患者さんのために、どんな小さなことでも見逃さないようにと診察に励むキダマッチ先生の姿が目に浮かぶようなお話でした。牛の子に飲み込まれたところがハラハラして楽しかったです。この後はどうなるかと思いましたが、無事に出てこれて良かったです^^
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 流石、名医ですね  投稿日:2021/01/01
キダマッチ先生!(2) 先生 かんじゃを 食べちゃった!?
キダマッチ先生!(2) 先生 かんじゃを 食べちゃった!? 文: 今井 恭子
絵: 岡本 順

出版社: BL出版
キダマッチ先生の食事が買えるらしくない理由がここにあるのか〜と謎が解けました。その後のお話で、キリギリスのお兄さんとトカゲの奥さんが登場した場面では、患者さんどうしで食べたり食べられたりするのかとハラハラしましたが、キダマッチ先生のおかげで無事に入院となって良かったです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う いい先生だな〜  投稿日:2020/12/26
おおにしせんせい
おおにしせんせい 作: 長谷川 義史
出版社: 講談社
長谷川義史さんが小学生の時に担任だった先生のお話だそうです。今日一日図工しかやらないって、こんなラッキーな1日があったら子どもたちは大喜びでしょうね。さっさと終わらせて残った時間は遊ぼうとしていた子どもたちとおおにし先生とのやりとりに、なんだかほっこりしました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 関西弁がいい!  投稿日:2020/12/26
たこやきのたこさぶろう
たこやきのたこさぶろう 作: 長谷川 義史
出版社: 小学館
お話し会で聞いたお話ですが、これは本当に関西の人にぜひ読んで聞かせてほしいと思いました。とにかく笑えます。ラストのオチも面白いのですが、主役のたこさぶろう以外のたこ焼きにも注目してみていくと、いろいろなことに気付けて面白かったです。
参考になりました。 0人

1199件中 11 〜 20件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

ディズニー映画『アナと雪の女王』10周年 本の世界に踏み出そう

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット