でんぐり ごろりん でんぐり ごろりん でんぐり ごろりんの試し読みができます!
作: ふくだ じゅんこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
でんぐりしたら、どうなると思う? えー!?って、言っちゃうよ、きっと!

みっとーさんの公開ページ

みっとーさんのプロフィール

ママ・30代・大阪府、男の子8歳 女の子6歳

みっとーさんの声

1874件中 31 〜 40件目最初のページ 前の10件 2 3 4 5 6 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う お米幼稚園の先生は  投稿日:2019/01/23
おこめようちえん
おこめようちえん 文: 苅田 澄子
絵: 陣崎 草子

出版社: 講談社
たにし、かえる、どじょう、お米に教育を行うのは田んぼに関係する動物たち。
うるち米ともち米とではクラスが違い、お米たいの将来の夢はおもちにお寿司におせんべえ。その設定が楽しくて、ぐんぐん話にひきこまれました。
田んぼを守るみんなはチームで、園長先生がかかしっていうのが楽しかったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい だんぼーるで遊びたくなる  投稿日:2019/01/23
だんぼーるおうじ
だんぼーるおうじ 著: 長野 ヒデ子
出版社: 世界文化社
家、電車、自動販売機。幼稚園で段ボールを用いて色んなものを作る子どもたちが楽しそうで、やってみたい!ってなります。
怪獣とかロボットとか、子どもがこんな絵本を読んだらもう作りたくてウズウズするみたいで、「ママ、段ボール今度捨てないでね。」って子どもが言ってきました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい じゃがいもの関係が  投稿日:2019/01/23
だんしゃく王とメークイン女王
だんしゃく王とメークイン女王 文: 苅田 澄子
絵: 北村 裕花

出版社: 講談社
だんしゃくとメークインの関係がおもしろい。「夢はカレーライス」っていう共通の夢を持ちながら、同じ城に住んでいるのに仲良くできないだんしゃくとメークイン。親としては、確かに!っていう感じが満載でおもしろいです。じゃがいもを使うと、「これはどっちのじゃがいも?」って聞かれて、新しい知識がついたな。と感心しました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う せつない  投稿日:2019/01/23
だれか ぼくを ぎゅっとして!
だれか ぼくを ぎゅっとして! 作・絵: シモーナ・チラオロ
訳: おびか ゆうこ

出版社: 徳間書店
なかなか皆にぎゅっとしてもらえないサボテンが、「だれかぼくをぎゅっとして。」という思いを伝えます。
その表情がすごくせつない感じにさみしそうで、あぁ…ってなります。
こんな気持ちを味わっている子っていっぱいいるのかな。なんて考えてしまいました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 独特の世界観が楽しい  投稿日:2019/01/23
としおくんむし
としおくんむし 文: ねじめ 正一
絵: 高畠 那生

出版社: 光村教育図書
なんか衝撃です。
大好きなゆきちゃんのために虫に変身し、空高くとんでいく「としおくんむし」
せっかくゆきちゃんも、としおくんむしを好きになりかけていたのに…疲れて戻っちゃうからざんねん。で終わります。
独特すぎる世界観が面白い絵本でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい シリーズ本にしてほしい  投稿日:2019/01/23
大根はエライ
大根はエライ 文・絵: 久住 昌之
出版社: 福音館書店
大根おろしにおでん、さしみのツマ。様々な場所で活躍する大根ってすごい!って思えます。
まさに出しゃばらず、相手を引き立て場をやわらげる名わき役。大根役者の言われとか、豆知識とかも身に付きます。色んな野菜での○○はエライを是非作ってほしいと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う さんすうにふれる絵本  投稿日:2019/01/23
さんすうサウルス
さんすうサウルス 作: ミッシェル・マーケル
絵: ダグ・クシュマン
訳: はいじま かり

出版社: 福音館書店
生まれた瞬間から自分の指の数をかぞえ、足し算をするさんすうサウルス。天才すぎる!
2,4,6,8,10の数え方やかけ算、立体、算数で習うことをさらっといろいろ教えてくれます。少し知識のついた小2くらいの子にちょうどいい絵本だな。って思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 勉強になる!  投稿日:2019/01/23
せかいはなにでできてるの?こたい、えきたい、きたいのはなし
せかいはなにでできてるの?こたい、えきたい、きたいのはなし 作: キャスリーン ウェドナー ゾイフェルド
絵: ポール・マイゼル
訳: ながのたかのり

出版社: 福音館書店
形のある固体、入れ物に合わせて形が変わる液体、容器いっぱいに広がる気体。小さい子にはイメージしにくい状態変化を分かりやすく説明してくれています。
この絵本を読むと、「これは気体?これは固体?」と聞いてくれると思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う そうだったんだ〜  投稿日:2019/01/23
おとうふやさん
おとうふやさん 作: 飯野まき
出版社: 福音館書店
おとうふやさんの仕事内容がよく分かる絵本でした。にがりに豆乳を入れれば豆腐になる。とか。豆腐を揚げれば厚揚げやがんもどき。など、お豆腐屋さんの当たり前だけど子どもたちが知らないことを真面目に学べます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい トイレもいろいろ  投稿日:2019/01/23
トイレのおかげ
トイレのおかげ 文: 森枝 雄司
絵: はらさんぺい
写真: 森枝 雄司

出版社: 福音館書店
うんちを落とす、投げ捨てる、売る。トイレって口にするのはタブーだと思っていたのに、国によってあるいは時代によって、トイレのあつかいはずいぶん違うんだな。と感心しました。写真がいっぱいで、なによりカルチャーショックが大きくて、子どもにとってはとてもおもしろかったみたいです。
参考になりました。 0人

1874件中 31 〜 40件目最初のページ 前の10件 2 3 4 5 6 ... 次の10件 最後のページ

ちがいを受け入れ、視野を広げることを教えてくれるお話

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット