新刊
しごとのどうぐ

しごとのどうぐ(偕成社)

この道具を使うのはどんな職業の人?なぞときにもなる、かっこいい絵本

  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
きつねのでんわボックス 絵本版

きつねのでんわボックス 絵本版

  • 絵本
作: 戸田 和代
絵: たかす かずみ
出版社: 金の星社 金の星社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,320

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2006年07月
ISBN: 9784323013701

出版社のおすすめ年齢:3・4・5歳〜

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

35万部突破の感動のロングセラーが装いもあらたにオールカラー絵本で登場!

人間の男の子と母ぎつねとの心あたたまるものがたり!
日ぐれになると、町はずれのでんわボックスに男の子がやって来ます。
病気のおかあさんに電話をかけに来るのです。それをじっと見守る子どもをなくした母ぎつね。
ところがある日、でんわボックスがなくなるかもしれないと聞いた母ぎつねは…。

ベストレビュー

幼年童話版もぜひ

幼年童話版が素晴らしいので、その本を読むきっかけになれば、と
おはなし会で読みました。
絵本ということで、8割ほどにストーリーが省略されているとはいえ、
童話版のイラストのたかすかずえさんの淡い絵ですので、
その世界を十分味わうことができました。
かわいい盛りの子ぎつねを亡くした母ぎつねが主人公。
ある日、電話ボックスで男の子を見かけて我が子のように親しみを感じるのです。
でも、そのうちに電話ボックスが取り壊されることになり、
その男の子も、電話の相手の入院中のお母さんの元へ引っ越すと知った
母ぎつねの心境が切ないです。
でも大丈夫。
ちゃんと救いはあるのですね。
どうしても感情移入しそうで、読むのは大変でしたが、
がんばって読みました。
子どもたちも、騒がしい場所でしたが、きちんと聞いてくれたように思います。
もちろん、読み物バージョンも持参して、紹介しました。
電話ボックス自体が町の風景から消えてつつある昨今、
その懐かしい電話ボックスとともに思い出してほしい物語だと思います。
(レイラさん 40代・ママ 男の子16歳、男の子14歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,650円
1,540円
1,320円
4,950円
1,650円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

3,300円
5,280円
3,300円
440円

出版社おすすめ

  • はるのおくりもの
    はるのおくりもの
    出版社:日本標準 日本標準の特集ページがあります!
    雪を見たいカエルと見せてあげたいキツネとウサギ。心あたたまるお話を美しい四季の絵にのせてお届けします



児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

きつねのでんわボックス 絵本版

みんなの声(36人)

絵本の評価(4.81

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら