新刊
しごとのどうぐ

しごとのどうぐ(偕成社)

この道具を使うのはどんな職業の人?なぞときにもなる、かっこいい絵本

  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

TOP500

Flappe

せんせい・50代・福井県

  • Line

Flappeさんの声

231件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 磁力  投稿日:2024/06/06
かいくんのおさんぽ
かいくんのおさんぽ 作: 中川 ひろたか
絵: 荒井 良二

出版社: 岩崎書店
かいくんには磁力があるようです。
なんでもすっぴーん!とかもっちーん!とか引き寄せてしまいます。かいくんが身に着けているととても魅力的に見えてほしくなってしまうのです。
そんなかいくんのおはなしは子どもたちもひきつけます。なんでか分からんけど気になるのです。もちろんおとなも。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う きっこさんを目指したい  投稿日:2024/06/06
おべんともって おはなみに
おべんともって おはなみに 作・絵: こいで やすこ
出版社: 福音館書店
春にぴったりの絵本です。
お友だちとおはなみに行こうとして、ウリ坊たちも一緒に連れていくことになります。よその子です。はしゃいだり、泣いたりしますがきっこさんは上手にかわしてより面白い方へ誘導していきます。
目的地がうまく使えなかった場合も慌てずさわがずより素敵なポイントへ向かいます。
こんなおとなにわたしもなりたいなぁ。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 新しいお友だちと知り合う季節にぴったり  投稿日:2024/05/02
おなまえ おしえて
おなまえ おしえて 作: 新井 洋行
出版社: 偕成社
日本語教室のはじめての授業に使いました。
パンダ、いぬ、きりん、ぞうなどよく知ってる動物の名前は子どもたち得意げにおしえてくれました。「みたことある!」なんて言って大興奮。ではこの黒い不思議な動物は?知らない時にはしんと静まりました。
そう、そういう時こそ「おなまえおしえてくーださい」なんですね。「ラーテルです。」と聞いたらマネっこして歯を見せたりしてラーテルくんとも仲良くなれそうです。
新しいお友だちと知り合う季節にぴったりでした。おはなしを読んだ後に子どもたちの名前を呼んだらみんなちゃんとお返事ができました。
もう少し慣れたらまたこの本を読んで、こんどは自分でなまえが言えるようになるかな。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい もしいやじゃなかったら  投稿日:2024/05/02
もじもじこぶくん
もじもじこぶくん 作: 小野寺悦子
絵: きくち ちき

出版社: 福音館書店
きくちちきさんの絵が好きで買いました。自分でもお気に入りの一冊でおはなし会で子どもたちにも好評です。
お店の人におはなしするなんてとっても勇気がいることだけど、こぶくんはありのありいちゃんのためにがんばります。
特に好きなところは、ありいちゃんを肩に乗せるときに
「もし いやじゃなかったら、ぼくの かたに のってよ」と声をかけるところ。この優しさがもじもじの元なのかな。
優しいところと大きな声が出ないところは表裏一体。誰でもそんなところあるよね。できない一面だけじゃなくて反対の面が強く出ればできることもあるのかもとこの本を読んで思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい しりたいことが載っている  投稿日:2024/01/31
せつぶんだまめまきだ
せつぶんだまめまきだ 作: 桜井信夫
絵: 赤坂 三好

出版社: 教育画劇
せつぶんの豆まきについて、正しく知っておくべきことが分かりやすく描かれています。
「鬼」とはなんなのか。自分たちとは見た目の違うひとのことではなくて(だから迫害ではなくて)病気や災いのことなど目に見えないものを「おに」と呼んで遠ざけるように祈ること。
おとなでもうやむやになって誤解されている風習や伝統文化についてやさしく理解できるようになっています。
さらさっと読んで6分超でしたが4歳ごろの子どもたちもしっかり聞けました。良い本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 定番の一冊  投稿日:2023/12/19
おせちいっかのおしょうがつ
おせちいっかのおしょうがつ 作・絵: わたなべ あや
出版社: 佼成出版社
もう何年もこの絵本は毎年おはなし会に登場しています。
人間の子どもたちとおせち一家の子どもたちが交互に、それぞれの年末年始を紹介してくれます。
絵もかわいくてそれぞれのキャラクターもしっかり表現されていてたのしく日本のお正月を学べる絵本です。小さいひとは「かわいい、たのしい」だんだん成長するにつれて実際に見たり体験したお正月と併せて知識が深まると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ナンセンスの素晴らしさ  投稿日:2023/12/19
だるまだ!
だるまだ! 作: 高畠 那生
出版社: 好学社
愛読の一冊です。
まず表紙を見てハートを撃ち抜かれ、内容にまた衝撃を受けました。なんどかおはなし会で読んでいます。主にお正月にちょっと息抜きに読みます。
おとなの方もつい見入ってしまいます。言葉の分からないベビーたちも食い入るように見つめています。
どんな世代にも、いつ読んでも味わいがあるのがナンセンス絵本の素晴らしさですね。読み手もどう攻略するのかたのしみがあります。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい あたらしい言葉  投稿日:2023/12/01
とうみんホテル グッスリドーゾ
とうみんホテル グッスリドーゾ 作: かめおか あきこ
出版社: 岩崎書店
冬らしい絵本がほしいと思って購入しました。
「とうみん」という言葉は子どもたちにはあたらしく、冬には眠ってすごすいろんな生き物の話をしました。

さいごにはホテルもおやすみなさい。
寒い時期にもあたたかい気持ちになるおはなしです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 冬眠の前に  投稿日:2023/11/02
どんぐりとんぽろりん
どんぐりとんぽろりん 作: 武鹿 悦子
絵: 柿本 幸造

出版社: ひさかたチャイルド
やさしいやさしい秋の絵本です。
詩のようなリズムとちょっと不思議な擬音でりすとくまがどんぐりを拾って家に帰ります。
おそとおはなし会も冬眠に入ります。さいごにこの本を読んでみんなとしばしお別れをしました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい シンプルにいい絵本  投稿日:2023/10/12
万次郎さんとおにぎり
万次郎さんとおにぎり 文: 本田 いづみ
絵: 北村 人

出版社: 福音館書店
まいとし秋になるとおはなし会で読みます。
万次郎さんのガハハもいいですが、ころころと飛び出していくおにぎりたちがとても魅力的です。食べられまいと逃げ出すのではなくて、おてんとうさまに晴れ姿を見せに行くなんて人間味?があってアトラクティブよね。
子どもたちも、見たことないであろう田舎のたんぼの風景をきっと頭の中に描いてたのしんでいるんだと思います。
万次郎さんシリーズに期待します。

参考になりました。 0人

231件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

いくつのえほん掲載絵本児童書一覧

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット