新刊
しごとのどうぐ

しごとのどうぐ(偕成社)

この道具を使うのはどんな職業の人?なぞときにもなる、かっこいい絵本

  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
せんろはつづく
プラチナブックメダル

『 せんろはつづく 』 は
「絵本ナビ プラチナブック」です。

絵本ナビ人気ランキング上位の絵本として選ばれています。

せんろはつづく

  • 絵本
文: 竹下 文子
絵: 鈴木 まもる
出版社: 金の星社 金の星社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

絵本クラブ
発行日: 2003年10月
ISBN: 9784323013633

出版社のおすすめ年齢:3・4・5歳〜

関連するスペシャルコンテンツ


鈴木まもるさんにインタビューしました!

2歳向け 絵本セット

みどころ

続きを読む
せんろはつづく

出版社からの紹介

子どもは線路をつなげる遊びが大好き!リズミカルな文章とかわいいイラストで、親子一緒に楽しめる絵本!

ベストレビュー

線路を作る作業を描いた貴重な幼児向け絵本

電車好きの息子に1歳のときに買いましたが、3歳までの間に、繰り返し繰り返し100回近く読みました。
赤ちゃんの絵本は、4歳以降は息子と相談しながら、100冊程保育園に寄付しましたが、この絵本は、息子が「まだとっておきたい」とのことで5歳になった今でも家に残っており、時々本棚から出しては、一人で読んでいます。
電車好きの子どもは、将来なりたいものを聞かれると、「電車の運転士」か「車掌」になりたいとよく答えるものですが、息子は3歳くらいの時期「線路の補修をする人になりたい」と言っていた時期がありました。
この絵本の影響を受けているのかなと思います。
線路を作るという作業は、電車の運転とはまた違った魅力があるのだろうなと思います。
電車の運行は、運転士や駅員だけで成り立っているわけではありません。それよりはるか以前に線路を作るという作業が存在します。小さなことではありますが、これもまた社会の仕組みを知る第一歩。
子どもが電車を運転する絵本はたくさんありますが、線路を作る作業を描いた絵本は珍しいと思います。貴重な一冊です。
(Tamiさん 40代・ママ 男の子5歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,320円
1,650円
1,430円
1,760円
1,540円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,650円
550円
385円
2,068円

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

せんろはつづく

みんなの声(231人)

絵本の評価(4.77

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら