新刊
ねえ、おぼえてる?

ねえ、おぼえてる?(偕成社)

国際アンデルセン賞画家賞受賞作家最新刊

  • 泣ける
  • ためしよみ
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ

ぱそがえる

ママ・30代・東京都、男の子2歳

  • Line
自己紹介
実家に昔読んでいた古い絵本がたくさん眠っています。0〜2歳向けは処分してしまい、あまりないのでまた集めていきたいと思っています。

親子で同じ絵本が大好きになれたら素敵だなと思います。

ぱそがえるさんの声

51件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 見やすい!楽しい!ぶーぶーぶー  投稿日:2024/04/05
いない いない ぶー
いない いない ぶー 作: おおの たろう
出版社: ポプラ社
車大好きな息子に読みました。
清掃車やバス、消防車、パトカー、ショベルカーなど、有名どころの車が登場します。
車もさることながら、バスに乗り遅れたり、泥棒が捕まったりなど、周りの動物や人々の様子がシュールで楽しいです。いないいない…と、ぶーのビフォーアフターでどんな変化があるか、見比べながら読んでみてください。

最後の方のページでは、トンネルに入り、いないいないいないいないいないいない…と盛り上げてからの沢山の車の登場で、子どもも大興奮。しかもバスには乗り遅れた人が乗っていたり、泥棒の目出し帽が取れたりと細かい演出が効いています。
さらにさらに…ぶーぶーぶー!とぶたまで登場して大笑い。
線もはっきりしていて見やすく、とても楽しい絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 語りかけ初心者におすすめ  投稿日:2023/12/30
ゆき
ゆき 作・絵: こが ようこ
出版社: 大日本図書
シンプルな丸い雪がだんだん増えて、真っ白に積もっていきます。初めて見た印象は「えっ?これだけ?」というものでしたが、巻末の語りかけのコツの通りに実践したみたところ、子どもは夢中になりました。
特に、おでこやお手てに雪があたって冷たいっ!となるところが大好きです。

驚いたのは、普段は絵本の絵をじっと見ている息子が、この絵本を読むときは読み手の顔を何度も見てくることです。
語りかけとはこういうものなのだな、と実感できました。

一日1冊でも、こういう読み方で、じっくり子どもと触れあいながら絵本を楽しむ時間がとれたら良いなあと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ぱぱんぱぱーん  投稿日:2023/12/26
ぱんぱんでんしゃ
ぱんぱんでんしゃ 作: 五味 ヒロミ
絵: わたなべ あや

出版社: フレーベル館
ぱぱんぱぱーん、とかわいらしい音とともにやってくるパンの電車…待っているのは具材のお客さん。あんこさんが乗ったらあんぱんぱーん、いちごジャムさんが乗ったらジャムぱんぱーん。
パンの形を見て、次は何パンかな?と考えるのが楽しい絵本です。線路わきに咲いているお花もパンの形をしていて、かわいらしいです。
子どもはぱぱんぱぱーんのかけ声が大好きで楽しそうにページをめくっていました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ダパンダパン…パオンパオン…  投稿日:2023/12/26
どうぶつ でんしゃ
どうぶつ でんしゃ 作・絵: 西村 敏雄
出版社: あすなろ書房
西村さんの絵本が大好きな息子。
更に大好きな動物と電車の組み合わせでとっても楽しそうに読んでいました。

ダパンダパン…はパンダの電車など、効果音も楽しいです。動物たちの何とも言えない味のある表情がとても素敵です。
息子は終点の動物園で、電車に登場した動物たちがみんな柵に収まっている中、お客さんの連れた犬の方にになぜか大注目していました。

電車の絵本はたくさんありますが、どっしりしたサイズ感にいっぱいに描かれた車両と動物、子どもを夢中にさせる絶妙にバランスの良い絵本だと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ごろんごろごろひとやすみ  投稿日:2023/12/26
ごろん ごろごろ
ごろん ごろごろ 作・絵: 三浦 太郎
出版社: 童心社
三浦太郎さんのあかちゃんとととととのシリーズです。
繰り返される言葉のリズムとかわいらしい果物たちの表情が魅力的です。
1歳の息子は読み聞かせの後に続いて「ふふふ」と言ったりしていました。
ちょうどこたつを出したところだったので、ミカンの親子がこたつでごろごろしているのを見て、同じだねーと話すことができ、良かったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい クルマのなかには…  投稿日:2023/12/26
くるまの なかには?
くるまの なかには? 作・絵: 石橋真樹子
出版社: 福音館書店
車が大好きな息子が今はまっている絵本です。
郵便車や引っ越し屋さんのトラックなど、様々な車と積荷、そしてそれを運ぶ人の様子が丁寧な絵で描かれています。
引っ越しの荷物は、ダンボール箱の中身まで描かれており、あんなものやこんなものまで運んでいるんだね、とじっくり眺めたくなります。
最後はバスからお客さんがいっぱい降りてきます。

車の走る効果音や言葉のリズムも心地よく、それぞれの車のページに登場している男の子とお母さんの様子も微笑ましいです。福音館らしい良い絵本だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 寒くても元気に遊ぼう!  投稿日:2023/12/26
さむがりやのいぬくん
さむがりやのいぬくん 脚本: あべ しまこ
絵: 石川 えりこ

出版社: 童心社
1歳の息子が何度も読みたがる紙芝居です。
外で元気に遊ぶ動物たちと、1人ぶるぶる震えている犬くん。みんなはマフラーや手袋を貸してくれますが、まだぶるぶるぶる…。そんな中、猫くんの貸してくれたはらまきの毛糸が、ボタンに引っかかってシュルシュルシュル〜とほどけてしまいます。猫くんを追いかけて走り回った犬くんはいつの間にかぽっかぽかに。
寒い冬でも元気に駆け回る子どもたちを見ているとこちらも元気を貰える気がしますね。

まだ上手に走ったりはできない息子ですが、来年の冬にはこんな風に走り回っているのかなーと思って読んでいます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 美しく独特の色彩  投稿日:2023/12/26
The ABC えほん
The ABC えほん 作: ブライアン・ワイルドスミス
出版社: クレヴィス
ワイルドスミスの絵本は今まで読んだことがなかったのですが、息子はこの絵本を一目で気に入りました。
赤ちゃんのときは単調な原色と形を好んでいましたが、少し大きくなった今は、鮮やかに混じり合う色や形にも興味が出てきたようです。真っ赤でなくてもちゃんとリンゴだと分かるんですね。子どもの成長を感じます。なぜかイグアナのページが好きです。

ABCの絵本ですが、日本語とカタカナも書いてあります。個人的にはカタカナ表記は要らないので英語版を買っても良かったかな…。
とにかく美しい絵本なので飾っておくだけでも綺麗です。

QRコードがついており、スマホで発音を聴くこともできます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おみずをジャー  投稿日:2023/12/26
おみずをじゃー
おみずをじゃー 脚本: なとり ちづ
絵: おおとも やすお

出版社: 童心社
1歳の息子は最近紙芝居にはまっています。でも、なかなか0〜2歳向けの紙芝居って少ないんですよね。童心社様々です。
こちらは最近流行り?のSDGsをうたった紙芝居ですが、特に難しいことはなく、1歳でも楽しく読めます。

ともくんが何度も、おみずをジャー、ジャージャージャーとするので、子どもはそれに合わせて「ジャージャー」と楽しそうに繰り返しています。

最後はゴクゴクお水を飲んで、もれちゃうもれちゃうっ…トイレでジャー…。スッキリ!
最後の場面はともくんの腰から上しか描かれていないので、トイレに座っている様子がもう少し分かりやすい絵だと良かったかなと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 電車の図鑑  投稿日:2023/12/26
でんしゃ すきなのどーれ
でんしゃ すきなのどーれ 作・絵: 岡本 雄司
出版社: 福音館書店
本当にたくさんの電車が並べて描かれている絵本です。
好きなのどーれ?の言葉とともに、いろんな色、形の電車、新幹線、路面電車、作業の電車などが登場します。
昔の電車と今の電車が並べて描かれているページもあり、昔よく乗っていた電車を見つけて自分のテンションが上がりました。
子どもはお気に入りがあるようで、いくつかの電車をいつも指差します。
この絵本のおかげで児童館にある電車のおもちゃの、正式な名前が分かりました。

表紙と裏表紙の電車は本編に登場しているので、探して名前を調べたりするのも楽しかったです。

しかし、図鑑のような絵本なので、多少マニアック感があり、興味の無い子には響かないかも。
電車の図鑑を読むにはまだ早いけど電車が大好き!という子向けに、語りかけをしながら読めて良いと思います。
参考になりました。 0人

51件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

出版社おすすめ

  • こどもべやのよる
    こどもべやのよるの試し読みができます!
    こどもべやのよる
    出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
    岩波の子どもの本 最新刊。こどもべやに夜がきました。せかいじゅうで、おきているのは、いっちゃんだけ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット