新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

ぱそがえる

ママ・30代・東京都、男の子2歳

  • Line
自己紹介
実家に昔読んでいた古い絵本がたくさん眠っています。0〜2歳向けは処分してしまい、あまりないのでまた集めていきたいと思っています。

親子で同じ絵本が大好きになれたら素敵だなと思います。

ぱそがえるさんの声

51件中 11 〜 20件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい こしょこしょ遊び大好き!  投稿日:2023/12/26
そらまめくんの こしょ こしょ こしょ
そらまめくんの こしょ こしょ こしょ 作: なかや みわ
出版社: 小学館
赤ちゃん向けそらまめくんの絵本、今回は子どもたちの大好きなこしょこしょ遊びです。
おなじみのマメの仲間たちが
「こしょこしょあそびってしってる?」「しーらない」「こんなあそび!」と色々なところをこしょこしょこしょ…。
そらまめくんの絵本はシンプルで奇をてらわないので、子どもにストレートに通じやすく、楽しく読めて良いですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 今日はおしりをふくよ!明日は…  投稿日:2023/10/06
タオルちゃん
タオルちゃん 作: 室井 滋
絵: ひらぎ みつえ

出版社: 金の星社
かわいらしい絵と楽しいオノマトペで子どもの心をしっかりつかむ絵本です。
月曜日から日曜日まで、タオルちゃんは毎日変身して大忙し。
おしりやてるてるぼうず、ネコなど、楽しいものがたくさん登場します。

1歳の息子は「まきまき」が好きらしく、そのページではいとまきまきの歌のポーズをとっています。

普段使っているタオルも、毎日頑張っているんだね、とねぎらってあげたくなりました。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う みんなくるみが大好き  投稿日:2023/10/06
みんなの くるみのき
みんなの くるみのき 脚本: 千世 繭子
絵: アヤ井 アキコ

出版社: 童心社
最近リスが好きな1歳の息子に読みました。

紙芝居特有の、半分ぬくなどの仕掛けはなく、森の動物たちが、だんだん熟していくクルミを食べる単調な展開ですが、動物がたくさん登場するのでそれなりに興味を持って見ていました。


色んな時期のくるみの様子や動物たちの食べ方が分かる、ためになる紙芝居だと思います。
でも、紙芝居でなくて絵本でも良いかなーと思ってしまいました。

どんぐりのお話はたくさんあるけれど、クルミのお話はあまり知らなかったので、勉強になりました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う かわいいコアラとぎゅっ!  投稿日:2023/10/06
ぎゅっ だーいすき!
ぎゅっ だーいすき! 作: 新井 洋行
出版社: 童心社
コアラの子が色んなものをぎゅっ!とします。
うさぎちゃん、ぞうさんのおはな…。 
そして次は、ぎゅっとされる番!

ぎゅっとするのもされるのも大好きなお子さんにぴったりの絵本です。

コアラちゃんと一緒にぎゅっとして、普段は少し言うのが照れくさい「だーいすき!」もたくさん言うことができます。

0歳の子はもちろん、下の子がいて普段は我慢しているお兄ちゃんやお姉ちゃんにも読んであげてほしい絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おにぎりできるかな?  投稿日:2023/10/06
おにぎり つくろう!
おにぎり つくろう! 脚本: よこみち けいこ
絵: 北村 裕花

出版社: 童心社
おなかがすいた妹のためにおにぎりを作ってあげる、ちょっとうっかりだけど優しいお兄ちゃんが頑張るお話です。

うめぼしにんじゃがおにぎりを上手に作るポイントを教えてくれるので、子どもと一緒におにぎりを作る前に読めば、食育にも良さそうだなと思いました。

おにぎりを握るときのかけ声もリズミカルで楽しいです。
さて、うめぼしにんじゃのおかげで無事にできあがったおにぎりの具は、もちろん…。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う だれかなだれかな…  投稿日:2023/10/06
どうぶつ なきまね いちにのさん
どうぶつ なきまね いちにのさん 作: にへい たもつ
絵: わたなべさとこ

出版社: KADOKAWA
動物たちの鳴き声と後ろ姿を見て、「だれかなだれかなだーれかな?」…「○○さん?」「あたりー!」からの「なきまねしましょ、1、2、3」…の繰り返しです。
幼稚園など、参加型の読み聞かせで大活躍しそうです。

1歳の息子はまだ発語がなく、鳴きまねはしないのですが、ウシの後ろ姿を見てウシのぬいぐるみを持ってくるなど、楽しんでおり、何度も読みたがります。

さるがピンクだったり、ネコが青だったりするのですが、特徴を捉えた絵で、ちゃんと何の動物か分かるようです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい カサをさしてあげよう  投稿日:2023/08/15
そらまめくんの ありがとう
そらまめくんの ありがとう 作: なかや みわ
出版社: 小学館
雨の日に葉っぱのカサをさしたそらまめくん、びしょぬれの仲間たちが次々に現れます。
「はい、どうぞ」「そらまめくんありがとう」の耳に心地よい繰り返しの後、最後には雨がやんで虹が出ます。

どうぞ+ありがとう、のやり取り入門にもちょうど良い絵本です。

雨の多い時期にぴったりの1冊でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 不思議な魅力  投稿日:2023/08/15
Good Night、 Gorilla(おやすみゴリラくん)
Good Night、 Gorilla(おやすみゴリラくん) 作・絵: ペギー・ラスマン
出版社: G. P. Putnams Sons
図書館で大きな絵本を借りたときはあまり興味を示さなかった息子でしたが、私の趣味でボードブック版を購入したところ、何故か無限リピート…ぼろぼろになるまで読んでいます。笑

美しい色彩、動物たちの表情や小物が魅力的な1冊です。
動画の方も、静かな雰囲気の中にゴリラのコミカルな動きが笑いを誘うようで、好んでよく見ています。

警備員さんの奥さんが電気を消すところや、動物たちが大人しく列を作ってついていくところなど、短い中にも大好きなページがたくさんある絵本です。

おしゃれで被りにくいので、絵本プレゼントにもお勧めです。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う トンネル怖い?  投稿日:2023/05/15
でんしゃ うんてんしまーす!
でんしゃ うんてんしまーす! 作・絵: ひらぎ みつえ
出版社: 金の星社
ひらぎみつえさんの絵本は楽しいものばかりで大好きです。
この絵本は、こどもをおひざの上に乗せてガタンゴトンと電車の運転をします。運転席から見える線路を中心とした風景が描かれており、新鮮です。
息子もおひざの上で倒れて右に曲がったり左に曲がったり、踏み切りカンカンカン…と楽しそうでした。
しかし、なぜかトンネルのゴォーーで大泣き。数回読んでもトンネルで必ず泣きます。不思議…。
最後のお客さんたちが降りるところでは、ちゃんと手を振っていたので、そのうちトンネルも怖くなくなるかな…。

息子はあまり気に入ってくれませんでしたが、電車好きの子と触れ合いを楽しみながら読める、良い絵本だと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う カレカレカレー  投稿日:2023/05/15
かえるとカレーライス
かえるとカレーライス 作・絵: 長 新太
出版社: 福音館書店
長新太さんのナンセンス風の絵本です。
カレーライスを食べたことのない息子に、まだ早いなと思いながらも読みました。
山からカレーが出てくることの面白さなど、恐らくぜんぜん理解できていないと思うのですが、一度読んでからは何故か毎晩リクエストされます。
恐らく長さんの独特の絵と、言葉のリズムに惹きつけられるものがあるのでしょう。

山から湧き出してきたカレーをお腹いっぱい食べたカエルが、満足してカレカレカレーと鳴いているのがとても可愛らしいです。

この絵本のカレーは黄色なので、息子が初めてカレーを食べるとき、なんで茶色なんだろう?と思われてしまうかもしれないなと思いながらも、息子も私もこの本が好きなのでおかわりして読んでしまいます。まるでカレーみたいな絵本ですね。
参考になりました。 0人

51件中 11 〜 20件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

ディズニー映画『アナと雪の女王』10周年 本の世界に踏み出そう

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット