新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

みずやりとうばん
  • 全ページためしよみ作品は送料無料

みずやりとうばん

  • 絵本
作: くすのき しげのり
絵: あおき ひろえ
出版社: あかつき教育図書

税込価格: ¥1,760

「みずやりとうばん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2015年07月05日
ISBN: 9784908255045

1 x 22 x 25.5 cm 32ページ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


くすのきしげのりさんと12名の絵本作家たち あおきひろえさんインタビュー

みどころ

続きを読む
みずやりとうばん

出版社からの紹介

学校で育てている野菜畑の水やり当番を忘れて帰ってきてしまったなつみちゃん。1日くらい大丈夫と思ったり、やっぱり戻ろうかと迷ったりしていると、おじいちゃんが……。
どんな子どもにも経験がある、心の揺れに寄り添って、やさしく見守ります。孫娘とおじいちゃんとのやり取りが楽しい絵本。

ベストレビュー

おじいちゃんの優しい一声

主人公の女の子なつみちゃんは、おじいちゃんが旅行から帰ってくるのが嬉しくてたまりません。
だから、当番のことを忘れたまま、学校から帰ってしまいました。
当番とは、毎週金曜日の野菜の水やりです。

大好きなおじいちゃんが帰るからと、当番を忘れて帰ったなつみちゃん。
ところが、おじいちゃんの顔を見た瞬間に思い出してしまいました。

そうなったらもう、楽しめません。
野菜たちのことが頭から離れず、沈んだままです。
それを見たおじいいちゃんは……。

水やりに行くべきか行かざるべきか。
揺れ動くなつみちゃんの心に、おじいちゃんの言葉が優しく響きます。
さあ、なつみちゃんは水やりに行ったでしょうか?
それとも、行かなかったでしょうか?

誰にでも起こりうる出来事なので、誰にでもお勧めだと思います。
(めむたんさん 40代・ママ 男の子18歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,320円
990円
1,100円
1,320円
3,850円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

4,070円
1,485円
880円
3,300円

出版社おすすめ




絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

みずやりとうばん

みんなの声(46人)

絵本の評価(4.62

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら