新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

新刊
しごとのどうぐ

しごとのどうぐ(偕成社)

この道具を使うのはどんな職業の人?なぞときにもなる、かっこいい絵本

  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
なかなおり

なかなおり

  • 絵本
作: シャーロット・ゾロトウ
絵: アーノルド・ローベル
訳: みらい なな
出版社: 童話屋

税込価格: ¥1,485

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2008年03月
ISBN: 9784887470798

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

「どろんここぶた」や「ふたりはともだち」で子どもたちに人気のアーノルド・ローベルがシャーロット・ゾロトウと一緒に作った絵本です。

パパがお出かけのキスを忘れたのでママは息子にやつあたり。息子は姉さんにやつあたりとどんどんひろがりますが、それを止めたのが犬のパジィ。ひとりの機嫌が直ると、あっというまにみんななかなおりをして、さいごにはパパが帰ってきてママにキス。ハッピーエンドです。ほんとうは、仲よしのほうが好きなのにふとしたことからけんかや仲たがいが起こります。それを止めることができるのも人間だ、とゾロトウさんが描いています。

ベストレビュー

謝ることの大切さを教えてくれます

1963年初版の古典的絵本で、日本では2008年3月に翻訳されたもの。

雨降りに起きたママの憂鬱が、家族に伝染していきます。
憂鬱からけんかに発展します。
確かに、雨降りって憂鬱なものですよね。
それが、ふとしたきっかけで皆が謝って仲直りしていくという物語です。

「謝ると良い気持ちになりました。」
という文章がくりかえされるのですが、とても良い響きです。
ふとした日常に、こんな気持を持てる子供に育って欲しいものです。

モノトーンの絵は少し暗い感じがするのですが、雨の憂鬱さを端的に示していると思います。
また、話の転換する場面では、頁全体が黄色で描かれており、効果的な印象を持ちました。

何回か読むと良さがわかってくるのですが、文章、絵とも少し暗くて重いので、子供にとってすんなりと受け入れられないかも知れません。
(ジュンイチさん 40代・パパ 男の子12歳、男の子6歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,320円
1,100円
1,320円
1,430円
1,210円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

6,160円
2,530円
576円
3,520円

出版社おすすめ




ディズニー映画『アナと雪の女王』10周年 本の世界に踏み出そう

なかなおり

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.52

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら