新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

話題
むげんことわざものがたり

むげんことわざものがたり(偕成社)

好評につき2刷!ことわざがつながって、ひとつの物語になったおもしろ絵本

  • 笑える
  • 全ページ
  • ためしよみ
とんことり
プラチナブックメダル

『 とんことり 』 は
「絵本ナビ プラチナブック」です。

絵本ナビ人気ランキング上位の絵本として選ばれています。

とんことり

  • 絵本
作: 筒井 頼子
絵: 林 明子
出版社: 福音館書店

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,100

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1989年02月
ISBN: 9784834007657

出版社のおすすめ年齢:4歳〜

【絵本ナビ×福音館】福音館の絵本とグッズ、そろってます

みどころ

かなえは引越しで知らない街にやってきました。
荷物の整理を手伝い、疲れて座っていると、玄関の方で「とん ことり」とちいさな音がします。
引っ越してきたばかりで郵便がくるはずがありません。
かなえが見に行ってみると、郵便受けの下にすみれの花束が。
次の日は音とともにたんぽぽが3本、その次の日は音とともに手紙が。
そして次にあの音が聞こえたとき、かなえは「まって、まって!まってよう!」と叫んで玄関のドアを開けます。

新しくやってきた子も、受け入れる側の子も、なんともいえないモジモジした気持ちになる季節。
そんな繊細な子どもの心の動きを実に見事に描写しています。
少しの優しさ、少しの勇気で新しい関係が生まれる。
大人の心も温かくしてくれる絵本です。

(金柿秀幸  絵本ナビ事務局長)

とんことり

出版社からの紹介

新しいお友だちとの出会いを描いた絵本

山の見える町に引っ越してきたばかりのかなえ。お父さん、お母さんと荷物の整理をしていると、「とんことり」。玄関の方で小さな小さな音がしました。かなえが玄関に行ってみると、そこにはすみれの花束が落ちています。次の日は、たんぽぽが3本、その次の日は、手紙が郵便受けに入っています。だれからでしょう? ふしぎな「郵便物」をめぐって、新しいお友だちとの出会いを描いた絵本です。

この人もおすすめしています

【安藤パパ】
新しい町で、家族の新しい生活が始まる「春」を描いた清清しい一冊。
僕に転勤経験はないのでピンと来ないが、知らない町に赴くことは子どもにとって、さぞ淋しく心細いものなんだろう。たしか『千と千尋の神隠し』の冒頭シーンもそんな風だった。
本書ではそんな少女の「寄るべなさ」だけでなく、大人の「済まなさ」や「気遣い」をもキメ細かく描写。特に町の風景には、それらすべてを優しく受け入れる「温かみ」がある。「こんな町なら住んでみたいなあ」と読み手に感じさせ、さぞかし転勤族の 不安な気持ちを和らげてくれるのだろう。
ちなみに、うちの娘はかなえにスミレやタンポポをくれた女の子が大好き。
あの子の名前は何で、彼女も転勤組だったのかどうかが、この本を読んだあと、必ず僕と娘で議論になるテーマだ。

ベストレビュー

最後のはじける笑顔が

林明子さんの絵は、本当に好きで
なかでも子どもの 表情の描写が本当にリアルで
自分が子どもだった時の気持ちにすっと入っていけるので、感動します

不安、ためらい、躊躇、拗ねてる時......

顔だけでなく、ポーズとか、もう体全体から
「こどもの匂い」が立ち上りそうな。

この本でも、ずっと暗い表情で部屋の中だっただけに
最後の1ページ、
その春の明るい光、空気感とともに、
はじける笑顔が、なんとも印象的です。
(ミドリムシ917さん 40代・ママ 女の子17歳、女の子13歳、男の子6歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,100円
1,100円
1,430円
990円
1,100円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

2,200円
1,100円
847円
2,310円

出版社おすすめ




編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

とんことり

みんなの声(167人)

絵本の評価(4.73

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら