宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

capellaさんの公開ページ

capellaさんのプロフィール

じいじ・ばあば・70代以上・大阪府

マイ絵本棚

他の本棚

チェック済

公開

  • エレベーターのふしぎなボタン
  • ホイホイとフムフム たいへんなさんぽ
  • すみっコぐらし スクラッチアート

capellaさんの声

3498件中 21 〜 30件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 気になる存在  投稿日:2019/02/17
にんじんじゃの おもしろ にんじゃずかん
にんじんじゃの おもしろ にんじゃずかん 作: うえだ しげこ
出版社: 大日本図書
全ページ、お試し読みで読みました。
昔も今も、忍者と言うのは、気になる存在のようですね。
知らなかったことも色々載っていて面白かったです。
基本な歩き方など見るだけでも、かなりの訓練が必要なようで
忍者になった昔の人はすごいですね。
楽しく面白く書かれていますが
大変な修行の連続なのですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい こんはいなりずし たぬきちはおまんじゅう  投稿日:2019/02/10
みやこのいちにち
みやこのいちにち 作: 小西 英子
出版社: 福音館書店
めずらしいもの、素晴らしいものがいっぱいあるみやこ。
こんの行ってみたい気持ちがとてもよくわかります。
あぶないところで、二度もたぬきちに助けられました。
たぬきちがいて、本当に良かったです。
忘れられない一日になった事でしょう。
また、たぬきちと二人で、みやこに行けたらよいでしょうね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 沼のお友だち  投稿日:2019/02/10
マルガリータとまほうのドロップ
マルガリータとまほうのドロップ 作: 工藤 ノリコ
出版社: あかね書房
マルガリータとマルチェッロのぼうけんのお話の3つ目です。
カーサ号が、進んでゆく森のなかの絵がきれいですね。
そして、ナマズさんのいる沼のパーティは、カエルさんとか
色々いて、みんな親切でやさしいので楽しくなります。
ドロップのマジックで、楽しい時間を過ごした二人ですが、
ついにカーサ号も陸に上がりました。
これで一応、完結なんでしょうか。
美味しそうなかわいいレストランのメニューです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ペンギンきょうだいの旅は、どれも楽しいです  投稿日:2019/02/10
ペンギンきょうだい バスのたび
ペンギンきょうだい バスのたび 作: 工藤 ノリコ
出版社: ブロンズ新社
ペンギンきょうだいの旅は、どれも楽しいです。
一緒に旅をしている気持ちになったりします。
バスはおじいちゃん、おばあちゃんの住む寒そうな山の上から
麓の家まで帰ります。
どのバス停でも降りてしまいましたね。
のどかで楽しいバス旅になりました。
最後の旅行帰りの散らかった部屋が楽しいです。
お母さんが、無事帰りましたと電話をしてます。
日常風景が楽しいシリーズです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい はるだよ!がいっぱい  投稿日:2019/02/10
たいへんなひるね
たいへんなひるね 作・絵: さとう わきこ
出版社: 福音館書店
この絵本は、ばばばあちゃんのシリーズの中でも
すごいパワー全開のお話です。
春だと言うのに、いつまでも居座る冬に
業を煮やしたばばばあちゃんの、驚きの計画ですが
最初とうってかわって、ピンク色の花びら満開の春がやってきました。うとうとと、眠くなるような陽気を感じます。

参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 色もタッチも軽やか  投稿日:2019/02/10
たいへん たいへん
たいへん たいへん 作: 渡辺 茂男
絵: 長 新太

出版社: 福音館書店
長 新太さんの絵が、とても楽しい雰囲気で描かれています。
色もタッチも軽やかで好きです。
でもお話は、ちょっとこわいです。
きつねさんの、上手くやった!と言う感じの目つきも
雰囲気がでています。
言い出しためんどりさんは助かったのですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 美味しいスープ  投稿日:2019/02/07
おばけのたんけん
おばけのたんけん 作: 西平 あかね
出版社: 福音館書店
かわいいおばけのシリーズ、さくぴーとたろぼうのお話です。
この本は縦長になっていますが、お話の内容がこの方が
分かりやすいからですね。
さくぴーとたろぼうとからかさおばけの二人の、4人のぼうけんです。真っ暗闇は気味がわるくて大騒ぎでしたが
おかげで美味しいおみやげも見つけてしまいました。
最後は美味しいお話になりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい すごい力持ち  投稿日:2019/02/07
まゆとかっぱ
まゆとかっぱ 文: 富安 陽子
絵: 降矢 なな

出版社: 福音館書店
久し振りに、背高のっぽのやまんばとまゆちゃんに会いました。
相変わらずかわいくて力もちのまゆちゃんです。
まゆちゃんが初めて見た河童という種類のひとたち。
いろいろな顔のかっぱたちがたくさん集まります。
お相撲大会になりました。
河童のお友達がたくさん出来たお話です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい まあ、たいへん  投稿日:2019/02/07
ドロシーと まほうのえのぐ
ドロシーと まほうのえのぐ 作・絵: デニス&アラン・トレ
訳: こみや ゆう

出版社: PHP研究所
ドロシーは、どうぶつが大好きで、
生き物の絵をたくさん描いていたのですが
ある日、その絵が、どれもこれも動き出してしまいました。
とても大きな絵の生き物が、街じゅうに。
どうなるのかな?と心配していたら
雨が降ってきました。なるほどね。
でも絵は丁寧に描くことも大切かな?とも思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 心配してくれる仲間がたくさん  投稿日:2019/02/07
あひるのたまご−ばばばあちゃんのおはなし
あひるのたまご−ばばばあちゃんのおはなし 作・絵: さとう わきこ
出版社: 福音館書店
さすがばばばあちゃんです。
お母さんアヒルのピンチヒッターでしたね。
それを見たどうぶつたち、伝言が伝わるたびに
お話が大きくなって、どっとみんなが、心配して詰めかけました。
どうぶつたちがいっぱいで、ばばばあちゃんのおうちは、
とってもにぎやか。
参考になりました。 0人

3498件中 21 〜 30件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『たべものやさん しりとりたいかい かいさいします』シゲタサヤカさんインタビュー

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット