しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ぴょーん爺さんの公開ページ

ぴょーん爺さんのプロフィール

じいじ・ばあば・60代・愛知県

ぴょーん爺さんの声

12248件中 31 〜 40件目最初のページ 前の10件 2 3 4 5 6 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う あけるのが楽しいしかけ絵本  投稿日:2019/04/09
あけてびっくり しかけえほん ふたをぱかっ
あけてびっくり しかけえほん ふたをぱかっ 作: 新井 洋行
出版社: KADOKAWA
手のひらサイズの絵本です。

鍋のふたを、”ぱかっ”と開けるとおいしそうなシチューが入って

ます。しかけえほんなので、ダイナミックに開けられて嬉しい♪

次に開けると、おでん・ハンバーグ・餃子・魔女の鍋(これだけは

食べたくないよ〉カレーと、美味しそうです。

厚いので破れないですが、図書館で借りてきたのは、しかけの

部分が、テープで補正してあったので、これなら絶対に破れる

ことはないので安心して”ぱかっ”と、開けて童心にかえって

楽しみました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 家族でだっこ  投稿日:2019/04/09
だっこだっこ だーいすき
だっこだっこ だーいすき 文: かみじょう ゆみこ
絵: 100%ORANGE

出版社: 福音館書店
ヨチヨチ歩きの赤ちゃんが、一番最初に”お父さんだっこ”

2番目は、”おねえちゃん だっこ”

3番目は、”おにいちゃん だっこ”

4番目は、”おばあちゃん だっこ”

最後には、”おかあさん だっこ”

と、家族にだっこして甘えてました。孫のののちゃんも、家族みん

なに甘えてだっこしてもらっている姿をみかけます。小さい子は、

”だっこが大好きなんだ”と、思いました。おばあちゃんは、バナナ

を食べさせてましたね。(笑)

厚紙で出来ているので、破れないからいいなあと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい だれがいるのかな?  投稿日:2019/04/09
あ、あ!
あ、あ! 文: ねこ しおり
絵: 高橋 和枝

出版社: 偕成社
よちよち赤ちゃんの指指す先には、だれがいるのかな?

ちょっと、わくわくしちゃいます。

あかちゃんの最初の言葉”あ、あ!”だったかなあ・・・・・・

この絵本で、ねこさん・いぬさん・ありさん・おともだち

”こんにちは””ばいばい”と、覚えられそうですね!

とても仕草が可愛くて癒されます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ぐうぐうぐうぐう  投稿日:2019/04/09
いいこで ねんね
いいこで ねんね 作: デヴィッド・エズラ・シュタイン
訳: さかい くにゆき

出版社: ポプラ社
小さな可愛いにわとりのピーコは、寝る前にパパにお話を読んで

もらいます。”ヘンゼルとグレーテル”を読んでもらっていると、

二人に悪い魔女と教えて二人をピーコが助けるお話にかえてし

まいました。”あかずきんちゃん”と”チキンリトル”でも一緒で、

二人を助けてお話をかえてました。

パパからのお話がなくなると、今度は、ピーコがパパに”パパねん

ね”のお話を書いてパパに読んであげようと思ったら、パパは

お疲れで”ぐうぐうぐうぐう”と眠ってしまいました。

とてお愉快なお話に、面白くて笑えました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい プレゼントのプレゼント  投稿日:2019/04/08
ぴったりのプレゼント
ぴったりのプレゼント 作・絵: すぎた さちこ
出版社: 文研出版
毛糸のお店でプレゼントを購入しようと思って入ったけれど、帽子

や手袋を編んでくれるおばあさんが病気なので、売り切れでした

マリとチロは、一人暮らしのおばあさんの家に行って、暖炉に火

を熾して部屋をあたため、あたたかいスープを作ってあげました。

お掃除をしたり、洗濯をしたりしました。おばあさんは、お礼に

二人にプレゼントをしてくれたのですが、「プレゼントのプレゼント」

で、お互いがプレゼントが出来るように考えてくれてました。

おばあさんの優しいおもいやりに和みました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 夏のお話3つ  投稿日:2019/04/08
おしろが あぶない
おしろが あぶない 作: 筒井 敬介
絵: 堀内 誠一

出版社: 小峰書店
かわいいとのさまは、夏の3つのお話が収録されてます。

  1  なにがつれたかな
  2  おほしさまおりてきて
  3  おしろがあぶない

かわいいとのさまは、ちょっとはらはらする行動もしますが、やっ

ぱりどのお話も面白いです。かわうそばあやに守られて、情も

あってほろりときます。「おほしさまおりてきて」の大砲で打ち上げ

た花火がとても綺麗で、見惚れてしまいました。シリーズなので

他のも読みたいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 約束  投稿日:2019/04/08
きんいろの しか
きんいろの しか 文: 唯野元弘
絵: 清水 耕蔵

出版社: 鈴木出版
自分の命を助けてもらった金色の鹿に、自分のことは内緒にする

ことを約束した男が、約束を破ってしまいます。

金色の鹿の居場所を教えた者に、たくさんの褒美がもらえると

知ると金色の鹿との約束を破ってしまいます。

王さまは、「相手が獣とはいえ、命を助けてもらった恩を忘れると

は・・・・・・。ああ、なんて愚かなんだ。男を捕らえよ!」

「王さま、あんな男に関わるのは恥です。あの男を許してやりまし

ょう」と、金色の鹿の言葉に感動しました。それからは、獣たちと

平和に暮らせるようになったインドの昔話でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい くませんせいを喜ばす為に・・・・・・  投稿日:2019/04/08
くませんせいが ねているうちに
くませんせいが ねているうちに 文: すとう あさえ
絵: たかくわ こうじ

出版社: ハッピーオウル社
くませんせいが、冬眠に入るのですが、冬眠中のくませんせいに

クリスマスのお祝いをして喜んでもらおうと、、もりのほいくえんの

園児たちが、奮闘するお話でした。園児たちも、くませんせいの

為に頑張って準備をしてるのですが、ケーキを作るのに失敗して

しまいますが、サンタさんがみんなが困っているようだからとお手

伝いをしてくれました。私は、ひょっとしてサンタさんは、くません

せいのような気がするのですが、(?)・・・・・・・・

クリスマスケーキが美味しそうなので、食べたくなってしまいまし

た。園児たちの優しい気持ちに和みました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おじいちゃん  投稿日:2019/04/08
よるのおと
よるのおと 作: たむら しげる
出版社: 偕成社
ちょっと感想としては、外れていますが、夜道を孫一人で歩かせるおじいちゃんが、逞しいです。海中電灯を持って一人で歩くのが逞しく思いました。家の隣には、乗用車じゃあないけれど、迎えに行ける車があったので、おじいちゃんのようにど〜んと構えないといけないと反省しました。夜道を怖がって歩くのではなく、かえるお「クワッ クワッ」すずむしの「リリリリ」鹿の親子の「ピチャ」「パチャパチャ」蛍が飛び交う中、おじいちゃんの家に着きました。
静かな田舎の夜の風景の中に、響く擬音語が夜道を楽しませてくれたようです。孫の為に、カレーライスを作って待っているおじいちゃんの男気が素敵でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う モモが自分らしく生きる  投稿日:2019/04/08
そらをとびたかったペンギン だれもが安心して存在できる社会へ
そらをとびたかったペンギン だれもが安心して存在できる社会へ 作: 申ももこ
協力: shizu
絵: はやし みこ
解説: 佐藤 恵子

出版社: 学苑社
森の中で暮らすペンギンのモモが、みんなのように飛べないし、

おしゃべりも上手に出来ないことを苦しみます。

みんなに合わせようと頑張るとだんだん苦しくなってくる。

モモは、みんなと同じように出来ない自分が嫌で、みんなと離れ

て、旅に出ました。そこでは、自分が水の中では、自由に泳げる

し、お友達も出来ました。楽しく遊んでいると、森の友達が懐かし

く思い出して、森に帰ることにしました。森の仲間にあたたかく迎

えられて、モモにあわせてくれる友達に、モモの心は、ぬくもりで

いっぱいになったお話でした。障害のことが描かれて絵本とは

気がつかずに読みましたが、障害名や特性の説明もありました
参考になりました。 0人

12248件中 31 〜 40件目最初のページ 前の10件 2 3 4 5 6 ... 次の10件 最後のページ

祝! 10周年記念! 「ばけたくん」シリーズ<br>岩田明子さんインタビュー

出版社おすすめ

  • おべんとうブック
    おべんとうブック
     出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★はじめてのシールあそびに!★       おべんとう作りのおままごと感覚で遊べるシールえほん

全ページためしよみ
年齢別絵本セット