季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ

うさぎのタンタンさんの公開ページ

うさぎのタンタンさんのプロフィール

ママ・30代・東京都、男の子2歳

うさぎのタンタンさんの声

83件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 人形うどん  投稿日:2020/12/31
うどん できた!
うどん できた! 作・絵: 加藤 休ミ
出版社: 福音館書店
人形うどんが、まるでお風呂に浸かっているかのようにうどんの中にいる表紙に惹かれ、読みました。

もうすぐ3歳の子どもは、ちゅるちゅるめんめん(うどん)が大好き。
「だれか、はいってる!」と興味津々。

粉からの作り方が描かれます。途中で寝かせて休ませたりと、長いこと時間をかけて子どもたちが楽しく作るうどん。表紙の人形うどんも、どうして入っているかが読めばわかります。

実際に、詳しい作り方も載っており、小麦粉アレルギーの子のために、米粉麺の作り方もありました。
我が子も前まで小麦粉アレルギーだったので、こういった心配りはとても助かります。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う クリスマスに向けた秋にピッタリ  投稿日:2020/12/31
くいしんぼうのサンタクロース
くいしんぼうのサンタクロース 作: 中川 ひろたか
絵: 中川貴雄

出版社: 教育画劇
みんなが大好きなサンタさん。
でも、このサンタさんはかっこよくなく、ドジっこで愛らしいサンタさんです。そんなサンタさんを支えるのは、しっかり者のトナカイのルドルフと、奥さん?!

クリスマス前の秋、サンタさんがどんな風に過ごしていたかが分かるので、クリスマスを意識し始めた秋にピッタリ!!

サンタさんって、世界中の子どもたちにプレゼントを配るさぞかし立派な人かと思いきや、読めば親近感がわくこと間違いなし!くすっと笑えるサンタ絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 子どものための料理本  投稿日:2020/12/29
みそしるをつくる
みそしるをつくる 文: 高山なおみ
写真: 長野陽一

出版社: ブロンズ新社
『みそしるをつくる』のインタビューを読んで出逢いました。
子どもが作れるように…ということなので、なるべく簡単に、でも、お出汁からとる等 少し本格的に、写真も豊富で分かりやすく書かれています。

強いて言えば、“あぶらあげ を包丁で切ることができるか”が対象年齢の一つの基準かもしれません。

でも、工夫さえすれば小さい子どもでも大丈夫です!
お水を入れたお鍋は重いし、火を使うので、お父さんやお母さんと一緒が、小さい子はベストですね。
具材も、包丁を使わなくてもいい乾燥ワカメやお麩にすれば、“できた!”が増えて嬉しくなります。

もうすぐ3歳になる料理好きな子どもと、冬休み、この本を見ながら一緒に作る予定です!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おかわり!  投稿日:2020/12/13
おにぎりをつくる
おにぎりをつくる 文: 高山なおみ
写真: 長野陽一

出版社: ブロンズ新社
完璧に食育にピッタリな絵本です!
写真だというところもベスト!!

おにぎりを作るにあたり、お米を計量するところから始まりますが、炊くのはお釜ではなく炊飯器。
この炊飯器で炊く、という手軽さがまた良いです。
今の時代、お米は炊飯器で炊くことが多く、子どもがご飯を炊くとなると、やはり炊飯器に任せるしかありません。

炊飯器だけれど、サランラップ等は使わずに、ちゃんと手で握る。
手で握るから、水で十分濡らさないとお米がくっついてしまうこと、ギュッと強く握ると指の間からお米が逃げてしまうこと…が分かる。

2歳の子どもに読んだのですが、まだ早いかな?と思いつつ、試しに絵本を見ながら一緒に作ってみました。
実際に握ってみて、手がベタベタすることや、お米がくっついちゃうこと等をしっかり体験できました。
自分で握ったおにぎりは美味しかったようで、塩むすびにも関わらず、おかわり!
今度は、続編も出たということで、そちらも“おかわり”しようと思います!!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい パパがサンタ!?  投稿日:2020/12/03
リトルサンタ
リトルサンタ 作: 丸山 陽子
出版社: BL出版
サンタさんは、おひげが生えたおじいさん。
そんなイメージがあるからか、サンタさんがお父さんという発想がありませんでした!
この絵本は、お父さんがサンタクロースである子どものお話です。

世界中のこどもたちから楽しみにされているサンタさん。でも、クリスマスはプレゼントを届けに行ってしまうから、ぼくは毎年ひとりぼっち。

寂しくて、
「ことしのクリスマスは パパといっしょに いられますように」と、願い事をかけたら…。

この絵本は、
「お父さんがサンタさんだったら、子どもはクリスマスの日は寂しいよね。一緒に過ごしたいよね。
」という共感と、「パパのお仕事って大変なんだ!やっぱりパパはすごいんだ!」という尊敬とが、詰まっています。

冬に持ってこいのクリスマス絵本ですが、
年の終わりに、いつも働いてくれているお父さんに「ありがとう」と言いたくなるような絵本でもあります。

2歳の子どもが大変気に入っており、読み終わるとホッと安心するような満足感がある絵本のようです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う いもほり体験  投稿日:2020/12/03
いもほり
いもほり 作: はまの ゆか
出版社: ほるぷ出版
初めての芋堀りを控えた2歳の子どもに読みました。
いもほりの過程がリアルに描かれていて、自分も一緒にいもほりをしているような気がしてきます。

いもほりに関する絵本を何冊か読みましたが、
つるを切るシーン、つるをどかすと虫がたくさん出てくるシーンは、他の本にはなかなかありません。

こういったシーンが、よりリアルに感じられるのでしょうね。
いもほりをする子に、そして、いもほりをした後の子にも、是非読んであげたい一冊です!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 虫の秋  投稿日:2020/12/03
むしのチロリンコンサート
むしのチロリンコンサート 作・絵: 菅野 由貴子
出版社: 教育画劇
秋の虫が鳴き始めると読みたくなる一冊です。
ちょっと虫が苦手な2歳の息子に、
「キレイな音を出す虫もいるんだよ!見た目は怖いかもしれないけど、こんなキレイな音を出すから、きっと良い虫さんだよ!」と、伝えたくて選びました。
子どもは、そうなんだ!という顔をしていましたが、さて、少しは克服できるでしょうか?

絵本から、虫たちの音が聴こえてくるようで、とても素敵です。
夏の終わりから秋にかけて読みたい絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 手紙の冒険  投稿日:2020/12/03
てがみぼうやのゆくところ
てがみぼうやのゆくところ 作: 加藤 晶子
出版社: 講談社
手紙を誰かに書く。手紙を郵便ポストへ入れる。郵便屋さんが手紙を届けてくれる。届いた手紙を読む。
こういったシーンが描かれる絵本はありますが、
手紙が主人公の絵本は、なかなかない気がします。

この絵本は、てがみぼうやをポストに入れるところから始まり、おばあちゃんの家へ着くところで終わります。
本を読んで、
「ポストに入ったら、こんな感じなんだ!」、
「手紙って、こうやって旅をして届くんだ!」、
「今日届いた手紙は、どんな旅をしたのかな?」
と、普段は見ることがないことへ思いをはせられます。

差出人だけでなく、手紙の配達に関わるすべての人に、「ありがとう」と言いたくなる絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う わが子と同じ!!  投稿日:2020/11/28
ぼくんちのおふろ
ぼくんちのおふろ 著者: 山田 美津子
出版社: 理論社
お風呂へ入るとき、「おふろ、はいらない!イヤだー!」という我が子。でも、入ったら入ったで、今度は、「あがらない!おふろ、まだ入ってる!」と。

絵本のぼくも、同じ。
ある日、お風呂に入るとカッパがいて、一緒に遊びます。
それから毎日、お風呂に行くとカッパが待っていて、水でっぽうで遊んだり、きゅうりを食べたり、泳ぎを教わったり、しまいには他のカッパも遊びにきて、すっかりお風呂が楽しみに。

現実世界でカッパにはなかなか会えないけれど、ちょっとしたきっかけで、入れるようになり、好きになるのですよね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 自慢のおとうさん  投稿日:2020/11/28
いつかは ぼくも
いつかは ぼくも 作・絵: よしだ るみ
出版社: 国土社
お父さんって、すごい。
人間のお父さんも勿論すごいですが、こちらは動物の子どもたちが、お父さんってすごいんだよ!っとそれぞれ教えてくれます。

お母さんに着目した絵本はたくさんありますが、お父さんに着目した絵本って、本当に少ないので、この絵本は良いですね。

動物たちのお父さんから、自分のお父さんはどこがすごいかな?と、考えてみるのにも良いきっかけになります。
最後に、人間の子どもが、「おとうさん、だいすき」で終わるところもステキでした。
参考になりました。 0人

83件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

今月の新刊&オススメ絵本情報

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット