くろくまくん ぴかぴか はみがき くろくまくん ぴかぴか はみがき くろくまくん ぴかぴか はみがきの試し読みができます!
作・絵: たかい よしかず  出版社: くもん出版
上の歯しゅっしゅっ、下の歯しゃかしゃか。くろくまくんと一緒に、楽しく歯をみがこう!

ささめや ゆき

ささめや ゆき

1943年、東京都生まれ。1970年代にパリやニューヨークで絵を学び、帰国後、本の挿画などを手掛ける。絵本に『ねこのチャッピー』(小峰書店)『ガドルフの百合』(宮沢賢治・作 偕成社)『あしたうちにねこがくるの』(石津ちひろ・文 講談社)『まどさんからの手紙 こどもたちへ』(まど・みちお・作 講談社)など多数。画文集に『イタリアの道』(講談社)などがある。

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

110件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  3  4  5  次へ→  最後のページ

表示

カボチャの絵本

カボチャの絵本

作:いとうきみお  絵:ささめや ゆき  出版社:農山漁村文化協会(農文協)  本体価格:¥2,500+税  
発行日:1999年  ISBN:9784540981418
おもちゃ屋へいったトムテ

おもちゃ屋へいったトムテ

作:エルサ・ベスコフ  絵:ささめや ゆき  訳:菱木 晃子  出版社:福音館書店  本体価格:¥1,200+税  
発行日:1998年  ISBN:9784834015690
マルスさんとマダムマルス

マルスさんとマダムマルス

作・絵:ささめや ゆき  出版社:原生林  本体価格:¥1,400+税  
発行日:1997年07月  ISBN:9784875990765
おさじさんのたび

おさじさんのたび

作:松谷 みよ子  絵:ささめや ゆき  出版社:にっけん教育出版社  本体価格:¥1,300+税  
発行日:1997年  ISBN:9784795202900
さくらのもりのものがたり

さくらのもりのものがたり

作:マオアキラ  絵:ささめや ゆき  出版社:小学館  本体価格:¥1,300+税  
発行日:1997年  ISBN:9784097274117
ヴァン・ゴッホ・カフェ

ヴァン・ゴッホ・カフェ

作:シンシア・ライラント  訳:中村 妙子  絵:ささめや ゆき  出版社:偕成社  本体価格:¥1,000+税  
発行日:1996年11月22日  ISBN:9784036310500
ガドルフの百合

ガドルフの百合

作:宮沢 賢治  絵:ささめや ゆき  出版社:偕成社  本体価格:¥1,400+税  
発行日:1996年11月  ISBN:9784039636805
どうぶつふうせん

どうぶつふうせん

作:岩瀬 成子  絵:ささめや ゆき  出版社:ほるぷ出版  本体価格:¥1,456+税  
発行日:1996年07月  ISBN:9784593560417
ブリキの音符

ブリキの音符

作:片山 令子  絵:ささめや ゆき  出版社:白泉社  本体価格:¥1,748+税  
発行日:1994年01月  ISBN:9784592760672
読書感想文の書き方(4) 読むことは生きること

読書感想文の書き方(4) 読むことは生きること

著:紺野順子  絵:ささめや ゆき  出版社:ポプラ社  本体価格:¥950+税  ISBN:9784591064665

110件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  3  4  5  次へ→  最後のページ

ささめや ゆきさんの作品のみんなの声

  • バイオリンの優しい音色

    身寄りがなくなってサーカスに引き取られた寂しそうな目をした男の子ミハエル。白い馬の二ジンスキーと、芸が出来れば二人でサーカスにだしてやろうと言われたものだから、ちょっと焦ってしまったのだと思いました。・・・続きを読む

  • ささめやさんのほのぼのした絵がいい

    • てんぐざるさん
    • 50代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子23歳、女の子19歳

    実在した歴史上の人物をモデルにした講談師室井さんが描く、講談絵本の2作目です。 挿絵はささめやゆきさん。ゆるふわのほんわかした絵柄が、このおはなしの主役である「豆腐」を引き立ててくれています。 「・・・続きを読む

  • 宝物

    84歳のまどさんが、母校の小学生のために書いた手紙が絵本になっています。 ささめやゆきさんの味のある絵が、雰囲気にぴったりと合っていて、その佇まいはキラキラとした宝物のようです。 同じ言葉でも、ま・・・続きを読む

  • 美談ですね

    てっきりおさむらいさんが豆腐代を払わずに逃げてしまったと思いこんだ私には、了見が狭いようです。 想像を覆す美談に、改めて荻生徂徠の話だったことを知りました。 そう考えると、豆腐屋さんが出世払いで良・・・続きを読む

  • ちょっと怖かったよ

    ちょっと怖かったよ」 先に読んでいた娘の感想です。 夜眠る前に読みました(娘は再度)。 ほんとだ、怖かった。 帰ってくるのが遅いと、いろいろ想像してしまいますね。 おとうさんに限ったことじゃ・・・続きを読む


『ぼっちとぽっち くつしたのおはなし』まつばらのりこさん インタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット