新刊
世界の国からいただきます!

世界の国からいただきます!(徳間書店)

世界26か国の食べものを紹介した、楽しい大判絵本!

TOP500

ピーホー

ママ・40代・埼玉県、女の子7歳 女の子5歳

  • Line

マイ絵本棚

他の本棚

チェック済

公開

ピーホーさんの声

1529件中 1521 〜 1529件目最初のページ 前の10件 149 150 151 152 153 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 一緒に!  投稿日:2019/09/12
ぺんぎんたいそう
ぺんぎんたいそう 作: 齋藤 槙
出版社: 福音館書店
シンプルな本ですが、娘に読むと一緒になってたいそうします。
私も、読みながら一緒にします。
手をパタパタ、お尻フリフリ。その姿があまりにも可愛くて、何度も何度も読んでしまいます。
妹ももう加わって、一緒にたいそう出来るようになるのが楽しみです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 夢中でめくって探します。  投稿日:2019/09/12
<ボード・ブック> コロちゃんはどこ?
<ボード・ブック> コロちゃんはどこ? 作: エリック・ヒル
訳: 松川 真弓

出版社: 評論社
娘が1歳になる頃に買った本です。シリーズを集めるキッカケになった本です。
ボードブックは、小さな娘の手にもぴったりで、丈夫でとてもオススメです。
コロちゃんを探していくと、いろんな動物たちが現れて、それぞれにいないことを告げます。いろんな言い回しがあるので、それぞれの動物になりきって声色や速度を変えたりして、読んでみると楽しいです。
娘も夢中でめくっていきます。
母としては、小さな娘の手で、器用にめくる姿が嬉しくて、何度も読んで、シリーズも買い集めてしまいました。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい ステキなステキなお話です。  投稿日:2019/09/11
こんとあき
こんとあき 作: 林 明子
出版社: 福音館書店
こんは、あかちゃんを まっていました。
その1文から始まり、こんはあきと出会い、一緒に成長していきます。
そこまで読んだだけで、2人のステキな関係と信頼の強さがうかがえます。
小さな頃に、何をするのも一緒の家族のような友達のような、そんなぬいぐるみがあった人も多いのではないでしょうか。
この本を、娘に読んだのは、対象年齢4歳からという表記よりちょっと早い2歳8ヶ月でした。
まだ早いかなと思いながら読んであげると、娘はすっかり引き込まれている様子で静かに聞いていました。
いつも一緒のぬいぐるみ、電車、お弁当、包帯、犬、おばぁちゃんち、いろんな経験と言葉を理解し始めた娘は、その優しくてかわいい絵もあってか、物語に引き込まれて、あきを指差して自分の名前で呼んでいました。
小さな2人の冒険を、あきを通して自分がしているかのようでした。
とってもステキな旅の結末にも心がほんわかして、親子で大好きな本になりました。
それから、あきの部分を娘の名前に変えて何度も読んであげています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ステキ絵が真っ先に目に飛び込んできます。  投稿日:2019/09/11
くまさん くまさん なにみてるの?
くまさん くまさん なにみてるの? 作: ビル・マーチン
絵: エリック・カール
訳: 偕成社編集部

出版社: 偕成社
文字の読めないこどもだからこそ、この本の魅力は何倍にもなるのかもしれません。
カラフルな動物たちがページいっぱいに描かれ、リズミカルな質問が繰り返されていきます。
まだ文字の読めない娘も、絵を見ながら自分で質問しては、答えていきます。
そうか、見たままを答えていけばいいんだ。
絵本っていうけど、なるほど、これは本当に絵の本だ!そう感じました。
大人は、文字が先行して目に入ってしまうけど、この本は、そんな私にも、絵が真っ先に目に入ってくるステキな絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う たいくつを目一杯楽しんでるね!  投稿日:2019/09/11
リサとガスパールのたいくつないちにち
リサとガスパールのたいくつないちにち 作: アン・グットマン
絵: ゲオルグ・ハレンスレーベン
訳: 石津 ちひろ

出版社: ブロンズ新社
たいくつな2人が、考えて家の中でいろんな遊びをします。
たいくつなんて言ってるけど、目一杯楽しむ2人の姿は、とってもかわいらしくて、笑っちゃいます。
でも、大人からしたら、困ったいたずらばかり。。

成長した娘たちを見ているようで、微笑ましくもあり、少し不安もあり?!
でもまぁ、どんないたずらをしてくれるのか、楽しみにしておきましょう。
そう思えた絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 仲間に入りたくなっちゃう。  投稿日:2019/09/11
はなかっぱぼくらはヒーロー!
はなかっぱぼくらはヒーロー! 作・絵: あきやま ただし
出版社: KADOKAWA
アニメを見ていて、とてもかわいいキャラクター達で娘も気に入っていたので、絵本も読んでみました。
絵本になっても、カラフルでキュートなキャラクターの魅力がいっぱいでした。
仲間がどんどん増えていって、みんなで仲良くヒーローになって、わるものもいないし、鬼ごっこしちゃうなんて、ステキです。
かわいいキャラクターたちと数のお勉強もできちゃうし、娘もとっても気に入っていました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 3人のヒーローが初めて出会った話  投稿日:2019/09/11
アンパンマンとしょくぱんまん
アンパンマンとしょくぱんまん 原作: やなせ たかし
作画: トムスエンタテインメント

出版社: フレーベル館
しょくぱんまんが初めて登場するお話です。
自分も小さい頃から親しんで、娘はアンパンマンにはまり、アニメも映画もショーもそして、身の回りの物もアンパンマンだらけです。
でも、しょくぱんまんの初めての登場って?意外と知らないお話を、そうだったのかー!と家族で楽しみました。
大好きなアンパンマンの絵本を読むのは気合が入りますね。
ハヒフヘホー!やバイバイキーン!など、キャラクターたちのセリフは、なりきって読んでしまいますからね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 子どもの成長を見守ってくれる本です。  投稿日:2019/09/10
いないいないばあ
いないいないばあ 文: 松谷 みよ子
絵: 瀬川 康男

出版社: 童心社
娘に初めて買ってあげた本です。ただ聞くだけの娘が、声を出して笑うようになり、「ばあ」と一緒に声を出すようになり。一緒に成長してきた本です。
妹が生まれ、8ヶ月になると、自分で動き回り、おもちゃで遊ぶようになり、お姉ちゃんのおもちゃにも手を出すようになりました。すると、邪魔をされたお姉ちゃんは、おもしろくないようで、癇癪をおこしたり、妹をぶったり、乗っかったり。。私もパパも困ってしまいました。
お姉ちゃんが嫉妬しないように、妹に本を読むのもお姉ちゃんが保育園に行っている間にしていました。
するとある時、とっても優しい「いない いない ばあ」という声が聞こえてくるのです。部屋をのぞいてみると、お姉ちゃんが本を広げて妹に語りかけているのです。すっかり覚えてしまったお話を、まるで読み聞かせてあげるように。
すっかり優しいお姉ちゃんになっている姿に、ビックリ&安心しました。
まだまだ、意地悪したり、優しいお姉ちゃんになったりですが、いつか2人並んで、声を出してこの本を読んでくれる時がくることを楽しみに、成長を見守りたいと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いろいろ考えさせられる。でも、とってもステキな絵本です。  投稿日:2019/09/08
このままじゃ学校にいけません
このままじゃ学校にいけません 文: ベン・ブラッシェアーズ
絵: エリザベス・バーグランド
訳: 福本 友美子

出版社: 犀の工房
学校に行きたくなくて、自分じゃないいろんな動物になってしまうエディ。
私自身は、毎朝、保育園に行きたくないと愚図る娘に手を焼く日々。まだ小さな我が子の行きたくない理由はきっと、もっとお家で遊んでいたい、ママと一緒にいたい。そんな感じでしょう。。
これから成長して、いつかエディのようにいろんな思いを抱えて、学校に行きたくないと思う日が来たりするのでしょうか。。。考えたらとても切なくなりました。
そんな我が子に気づいてあげられる、何かしてあげられるのは、やっぱりママ(自分)だなと、この本を読んで感じました。そんな時、私は何をしてあげられるのか。。今は、考えてもエディのママみたいにかけてあげられる言葉が浮かんでこず、ただギュッと抱きしめてあげることしか想像出来ません。
子どもが自分自身でいられる。少なくとも、ママは常にそんな場所になれるといいなと感じました。
そう思ったら、イヤイヤの我が子もギュッと抱きしめて、毎朝送り出したいなと思いました。
参考になりました。 1人

1529件中 1521 〜 1529件目最初のページ 前の10件 149 150 151 152 153 次の10件 最後のページ

編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット