話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
世界の国からいただきます!

世界の国からいただきます!(徳間書店)

世界26か国の食べものを紹介した、楽しい大判絵本!

あいつもともだち
プラチナブックメダル

『 あいつもともだち 』 は
「絵本ナビ プラチナブック」です。

絵本ナビ人気ランキング上位の絵本として選ばれています。

あいつもともだち

  • 絵本
作: 内田 麟太郎
絵: 降矢 なな
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,100

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2004年10月
ISBN: 9784032321500

出版社のおすすめ年齢:3・4歳〜

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

新刊発売記念 おれたち、ともだち!絵本 レビュー大賞
「おれたち、ともだち!」絵本 レビュー大賞決定!

出版社からの紹介

オオカミさんはともだちです。じゃあ、あいつは?あいつはともだちかな? あいつもともだちなのかな?キツネは考えます。

ベストレビュー

「やあ、ともだち」の一言で・・・

ひとこと言いそびれてしまったがために、
ずっと気になってしかたがないこと、
言えばよかったのにと後悔することってありますよね。

キツネもヘビに「君も元気でね。」とお別れの挨拶をしたかったのに、
出来なかったことに対して、ずっと気になっていました。
それも、冬の間中。
だから、キツネがオオカミに、行きたいところがあるというと、
すぐに一緒にともだちの家に行けたことが、
どれほど嬉しかったでしょう。
でも、冬眠しているともだちの所に行くなんてね〜
普通なら、ちょっと考えられない。
でも、キツネとオオカミは違う。
本当に、ともだちが好きなんだな〜と思いました。

それにしても、オオカミとキツネは、本当に仲がいいですね〜
「待てと言ったら、待ちやがれー」
「待てぬと言ったら、待てぬぞよー」
ふたりの会話が可笑しくて、何度ふきだしそうになったことか。

春になって、オオカミとキツネは友だちのところへ。
もちろん、ヘビのところにも。
ちょっと引っ込み思案なヘビでも、
「やあ、ともだち」と言われて、嬉しくないはずがないじゃないですか。
私も、思わず涙ぐんで喜びました。
「やあ、ともだち」・・・いい響きです。
私も、どちらかといえば、自分から話しかけるのは苦手です。
でも、相手から話しかてくれると、やっぱり嬉しい。
言うほうは、きっと勇気がいるのでしょうけど。

ふたりの優しさに、思わずしっぽで挨拶。
素敵だな〜こんな挨拶の仕方があったなんて。

「ともだちや」シリーズの絵本は、どれをとっても、
読めば読むほど、どんどん好きになっていきます。

内田麟太郎さんの文章(特にこのシリーズ)は、
心の描写が多いので、自分も同じ気持ちになって、
お話の中に入り込みやすいし、雪の降るときの描写も好きです。
それから、オオカミとキツネが歌う歌。
読み聞かせの時は、いつも悩まされますが、
でたらめ歌でいいんですよね?

降矢ななさんの絵は、どのページをとっても、
額に入れて飾って置きたいほど、すてきな絵です。
文章と合っているからでしょうね。
特にヘビが登場する絵は、どれもいいな〜
準主役ということもあるのでしょうけど、
ラストシーンのヘビは、生き生きとしてます。
よっぽど嬉しかったのでしょうね。

オオカミとキツネがいる限り、ますますともだちの輪は、
広がっていきそうです。

P.S オオカミさんは、絵がへただったんですね〜
  あれは、ちょっとひどすぎます!
  あ!それとも、天才だったりして!!!(?)
(多夢さん 40代・ママ 女の子11歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

770円
770円
616円
880円
1,650円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

880円
550円
4,400円
550円

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

あいつもともだち

みんなの声(89人)

絵本の評価(4.81

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら