新刊
世界の国からいただきます!

世界の国からいただきます!(徳間書店)

世界26か国の食べものを紹介した、楽しい大判絵本!

新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

あかちゃんてね

あかちゃんてね

  • 絵本
作: 星川 ひろ子 星川 治雄
絵: 星川 ひろ子 星川 治雄
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,650

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2005年11月
ISBN: 9784097260417

みどころ

続きを読む

出版社からの紹介

あかちゃんの成長を姉の目で綴った写真絵本
赤ちゃんの誕生から1年間を、5歳の姉の目で綴った写真絵本。姉になることにとまどいながらも、成長していく妹を見つめて受け入れていく過程を描きます。赤ちゃんの1年間の成長を、月ごとに見ることができます。

ベストレビュー

泣いてしまったMちゃん

1年前のことですが、肢体不自由のある 小1と小2の子たちに 読みました。
赤ちゃんの成長を 写真でたどっていく この絵本。
脳性マヒがあるけれど、おませな小1の女の子Mちゃんには、生後5ヶ月の妹がいます。
「この子にとっては すごく身近だろうなあ」と思い、読み始めると ニコニコしてやはり興味深い様子。
ページをめくるたびに、「わぁ!」「かわいい」などと声を上げて、子どもたちは 見入っていました。

7ヶ月の赤ちゃんが 立ち上がろうとするページのとき、Mちゃんの表情が 一変しました。
ほほえんでいた顔が 急に硬くなり、泣き出しました。
あまりはげしく泣くので、Mちゃんは 付き添っていた先生と一緒に 部屋を出ました。

このことを お母さんに伝えたときの話を 聞いて絶句しました。
「Mはきのう、『立って歩きたい、練習がしたい』と言ったんです。
でも、それはできないことだから…主人も私も言葉につまりました…。そのことだと思います…」

よかれと思って読んだことで、【自由に歩くことができない自分】のことを あらためて思い知らせてしまったのです!
星川さんの写真絵本を読むと、子どもたちは 登場する人たちに すごく親近感を示します。
でも、「こんなこともあるんだな!」と思い、「この本は この子たちにとってどうなのか」と考える きっかけになりました。
(読み聞かせパパさん 40代・パパ 女の子13歳、男の子11歳、女の子8歳、男の子5歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,540円
990円
1,540円
726円
1,760円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

4,730円
5,280円
1,650円
1,430円

出版社おすすめ




えほん新定番 from 好書好日 新井洋行さん

あかちゃんてね

みんなの声(40人)

絵本の評価(4.61

何歳のお子さんに読んだ?

ママの声 37人

ママの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら