話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

話題
どうぶつのわかっていること・わかっていないこと

どうぶつのわかっていること・わかっていないこと(小学館集英社プロダクション)

『世界一受けたい授業』で紹介!京大の動物博士監修の「答えのない問いに向き合う力」を育てる新感覚の絵本

  • 学べる
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
ようかいむらのどんどこまつり
  • 全ページためしよみ作品は送料無料

ようかいむらのどんどこまつり

  • 絵本
作: たかい よしかず
出版社: 国土社 国土社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,650

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2020年04月14日
ISBN: 9784337026063

出版社のおすすめ年齢:低学年〜
32ページ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


【結果発表】西日本新聞社オススメの児童書8冊でレビューコンテスト開催!

出版社からの紹介

ようかいむらのお祭りは、とってもにぎやかです。かまいたちのかまぞうと、あかなめのなめなめが次々と屋台を見ていきます。広場には山や海、空のようかいたちが引いてきた山車が集まってきて、ついに祭りはクライマックスへ!

ベストレビュー

妖怪たちが勢ぞろい

表紙の沢山の妖怪を見て、ちょっぴり怖いお話かなと思ったら、とっても楽しい絵本でした。

一つ目小僧や一反木綿、子泣き爺や傘お化け・・おなじみの妖怪たちが沢山登場します。
あっ、アマビエもいました!これはご利益がありそうです。

新型コロナの影響で今年はお祭りが軒並み中止となり、寂しい思いをしている子どもたちも沢山いると思いますが、この絵本を読んだらお祭りの楽しい気分も味わえますね^^

珍しい食べ物が一杯並んでいる屋台を見たり、大きなやまを引っ張ったり。
あっ、ここでも海のやまを引っ張っているアマビエを発見!
最後はみんなで妖怪音頭を楽しく踊って、お祭りも最高潮。

イラストもカラフルで可愛らしいので怖がらずに読めるし、いろんな妖怪の名前が楽しく覚えられそうですね。
(MYHOUSEさん 40代・ママ )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

2,970円
1,100円
1,760円
1,210円
968円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

2,860円
1,540円
2,035円
1,650円

出版社おすすめ




ディズニー映画『アナと雪の女王』10周年 本の世界に踏み出そう

ようかいむらのどんどこまつり

みんなの声(32人)

絵本の評価(4.36

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら