話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
おはなしのたからばこワイド愛蔵版(23) トトンぎつね
  • 全ページためしよみ作品は送料無料

おはなしのたからばこワイド愛蔵版(23) トトンぎつね

作: 今江 祥智
絵: 植田 真
出版社: フェリシモ出版

税込価格: ¥1,415

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2010年02月
ISBN: 9784894325128

248×188mm・32ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


【結果発表】“おはなし”を通して、たからものをたくさんお届けしたい

みどころ

フェリシモ出版の「おはなしのたからばこ」シリーズ23巻は、今江祥智さんの処女作『トトンぎつね』を絵本化。

細い三日月が昇る、静まり返った真夜中。
「トトン トトン トトン」と、誰かがおもての戸をたたいています。
そして、「ま、さ、こ、ちゃん」と正子の名前を呼びました。
正子は思わず「はあい」と返事してしまったけれど、こんな夜中に一体誰……?
戸を開けるとそこには、きつねの親子が静かにたたずんでいました―――

「ぼんぼん」「優しさごっこ」など数多くの名作を生み、2015年に逝去された児童文学作家・今江祥智さんが50年以上前に初めて書いた童話が、素敵な絵本になりました。
黒を基調とした植田真さんの絵は、真夜中の静まり返った空気感までもが見事に表現されています。
さらに、全体を通してはっと息を飲むページ構成に仕上がっていて、ページをめくる度にドキッとしたり、ハラハラしたり、胸がぽっと温かくなったり。
なんとなく眠れない夜に、そっと開いてほしい一冊です。

(洪愛舜  編集者・ライター)

おはなしのたからばこワイド愛蔵版(23) トトンぎつね

出版社からの紹介

続きを読む

ベストレビュー

音が聞こえてくる気がする…

ベットから駆け下りる正子ちゃんの表紙、見開きいっぱいの月夜で始まるお話、トトントトンっていう扉を叩く音から、裏表紙の静かに瞬く星空まですべてがステキなお話でした。静かな夜、モノトーンのお話だけに、トトンという音とかだけじゃなく、正子ちゃんの心臓の音やお母さんキツネの優しい声、草むらの風で鳴る音とかも聞こえてくるようで不思議です。
寝る前の読み聞かせが絶対おすすめ。子供たちも心温まるいい夢を見てくれると思いますよ。
(にょろきょろさん 30代・ママ 男の子3歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,870円
6,600円
1,320円
1,430円
1,430円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

4,950円
1,628円
1,760円
440円

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

おはなしのたからばこワイド愛蔵版(23) トトンぎつね

みんなの声(37人)

絵本の評価(4.42

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら