新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

新刊
世界の国からいただきます!

世界の国からいただきます!(徳間書店)

世界26か国の食べものを紹介した、楽しい大判絵本!

番ねずみのヤカちゃん

番ねずみのヤカちゃん

  • 児童書
作: R・ウィルバー
絵: 大社 玲子
訳: 松岡 享子
出版社: 福音館書店

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

絵本ナビ在庫 残り6

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

絵本クラブ
発行日: 1992年05月
ISBN: 9784834010992

出版社のおすすめ年齢:4歳〜
22X20cm 72ページ

小学1年生向け 児童書セット
【絵本ナビ×福音館】福音館の絵本とグッズ、そろってます

みどころ

続きを読む
番ねずみのヤカちゃん

出版社からの紹介

ある家にすむ母さんねずみと子ねずみたちは、人に気づかれないよう静かに暮らしていました。ところが末の子ねずみヤカちゃんの声の大きいこと。きっと大変なことがおこるでしょう!

ベストレビュー

ヤカちゃん役を息子に任せ

 楽しい幼年童話です。
 ドドさんという人間の家に4匹のこねずみと住みついているねずみのお母さん。
 ドドさん夫婦に気付かれぬように、静かに静かに子育てをしてきました。ある日お母さんは、子どもたちに自立を促します。
 自立と言っても同じドドさんの家の中での事ですけれど(笑)。

 自立にあたって、お母さんは子どもたちに大切な注意をします。
 中でも大切なのは、けっして音を立ててはいけない事。
 ねずみがいるとドドさんたちにわかったら、ねずみ獲りをしかけられるから。
 そこでお母さんは、ねずみ獲りに引っかからないようにと、注意を歌で伝授。
 「猫に注意」も歌で。

 こそこそ話すお母さんに小さな声で応える3匹のこねずみ。
 でも、ヤカちゃんはとにかく大きな声「わかったよ。」と応えます。
 全然わかってないじゃん。と、つっこみを入れたくなるこの楽しいやりとりの繰り返し。
 でも、大きな声が功を奏し、・・・。

 ちょっと長いので、2年生くらいから一人読みができそうです。
 でも、我が家ではヤカちゃん役を当時6歳の息子に任せ、一緒に読んで盛り上がりました。
(アダム&デヴさん 50代・ママ 男の子12歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,320円
1,320円
1,320円
1,045円
1,320円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

5,060円
770円
1,100円
2,640円

出版社おすすめ

  • みみカスいっか
    みみカスいっか
    出版社:ニコモ ニコモの特集ページがあります!
    たっくんは、みみそうじが だいきらい。 そんなあるひ、どこからか こえが きこえてきて・・・・・・。



えほん新定番 from 好書好日 新井洋行さん

番ねずみのヤカちゃん

みんなの声(66人)

絵本の評価(4.87

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら