新刊
ねえ、おぼえてる?

ねえ、おぼえてる?(偕成社)

国際アンデルセン賞画家賞受賞作家最新刊

  • 泣ける
  • ためしよみ
新刊
世界の国からいただきます!

世界の国からいただきます!(徳間書店)

世界26か国の食べものを紹介した、楽しい大判絵本!

いちねんせいのいちにち
  • 全ページためしよみ作品は送料無料
プラチナブックメダル

『 いちねんせいのいちにち 』 は
「絵本ナビ プラチナブック」です。

絵本ナビ人気ランキング上位の絵本として選ばれています。

いちねんせいのいちにち

  • 絵本
作: おか しゅうぞう
絵: ふじた ひおこ
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,650

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2004年03月
ISBN: 9784333020515

29×24cm 36ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

一年生になったら、どんな一日を過ごすのかな? 朝の集団登校、国語や算数のお勉強、おいしい給食、たくさんの友だち……。楽しいことがいっぱいの新一年生の一日を紹介する、大型絵本です。

いちねんせいのいちにち

ベストレビュー

「1年生の一日」の流れがよーく分かる

小学校1年生の男の子、しゅんちゃんが主人公。
「いってきまーす」と家を出てから、下校して、夜寝るまでの
まさに「1年生の一日」ドキュメント。

しゅんちゃんを含め、30人のクラスの子ども達の様子は、1年生らしい微笑ましいものばかり。
授業は算数・国語・図工・体育・音楽・生活と網羅し
休み時間の連れだって行くトイレや、給食当番、保健室の利用、掃除、下校後の遊ぶ約束まで、なかなか具体的。
「1年生の1日」の流れがよーく分かり、
入学前のお子さんにもイメージしやすいのではないかと思います。

年長の下の息子にと、図書館で借りてきたのですが
気づけば、小学校2年生の上の息子が読み聞かせてあげていました。
上の息子によると、彼の小学校生活も「うん、うん、こういう感じ」だそうです。
年長の息子も気にいったようで、その後、私にも読み聞かせを頼んできました。

優しい絵も、生き生きとした子ども達の会話も、
小学校って楽しいことろだよ、と教えてくれているような絵本でした。
入学を控えたお子さんと親御さんにおすすめです!
(ランタナさん 40代・ママ 男の子8歳、男の子5歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,430円
1,188円
1,980円
1,430円
1,210円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

440円
3,080円
1,320円
385円

出版社おすすめ




えほん新定番 from 好書好日 新井洋行さん

いちねんせいのいちにち

みんなの声(45人)

絵本の評価(4.63

何歳のお子さんに読んだ?

ママの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら