新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
新刊
ねえ、おぼえてる?

ねえ、おぼえてる?(偕成社)

国際アンデルセン賞画家賞受賞作家最新刊

  • 泣ける
  • ためしよみ

TOP500

はるのひより

ママ・50代・埼玉県、男の子19歳 女の子17歳

  • Line
自己紹介
小さい頃は本を読むのがキライでした。  今は子育て中。絵本を読むのが楽しいし新鮮。  買った本は本棚を見ればすぐわかる。けど図書館で借りた本は特に履歴を残していなかったので全然わからない・・・ 子ども達との記憶を記録したいなと思ってます。 絵本を読む時は人生の中で三度あるというそうですね。今は人生二度目の時。楽しみたいと思います。  
ひとこと
本は沢山読みたいけどどんどん増えて置き場所が・・・  図書館で借りて沢山借りて読めば良い気がするけど手元において何度も読み返したい・・・  4歳の息子と2歳の娘が持ってる絵本は大体が私の好みでプレゼントしたもの。完璧に偏ってます・・・  子ども達がいつか「この本どうしても読みたいから買ってください」って自分で選ぶ本がどんな本なのか楽しみです

2012夏休み 読んで楽しかった本 小学2年 男の子

公開

はるのひよりさんの声

366件中 31 〜 40件目最初のページ 前の10件 2 3 4 5 6 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 脱力系? お笑い系?  投稿日:2011/11/24
なんとなく
なんとなく 作・絵: 五味 太郎
出版社: 絵本館
「なんとなく」って「何が?」と気になって・・・

最初のページで「なんとなく」のタイトルの書き方から主張してましたね〜
子供達は「なんで?」「どうなってるの?」とにぎやかでした。

ページをめくるのが楽しかった。
この人がどうするの? と単純な疑問なんだけど、想像もつかない答えが待っているから。

私は肩の力が入りすぎてる自分に気付いた。
 子供ってどうしてこうなんだ! また同じこと注意してる!
「なんとなく」ってことあるよね。
 「なんとなく・・・かもね」と思えれば笑ってすごせる時間が増えるかもね〜
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う どの詩が好きですか?  投稿日:2011/11/21
いちねんせいになったあなたへ
いちねんせいになったあなたへ 作: 江國 香織
絵: 井口 真吾

出版社: 小学館
一年生の息子と一緒に読みました。
詩が25個もありました。
息子が好きなのは「なつとあき」
 擬音語の部分が気に入ったそうです。
私が好きなのは「しるし」
 絵に一目ぼれした。
 いたずらな妖精のしるし って表現、ドキューンきた。

詩は難しい。
 でもこの絵本は絵がポップで楽しくなる。
 イメージしやすくなる。

沢山の素敵な言葉と出会えた。
次に読んだら、好きな詩も変わっているかもしれない。
楽しみだ。 

江國 香織さんのファンです。
ますますファンになりました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う かわいらしい絵本  投稿日:2011/11/21
きみなんかだいきらいさ
きみなんかだいきらいさ 文: ジャニス・メイ・ユードリー
絵: モーリス・センダック
訳: こだま ともこ

出版社: 冨山房
絵本のサイズ 小さくてかわいらしい。
小さな男の子同士のケンカ 小さい子どもらしい仲直り かわいいな。

赤 緑 黒 三色で描かれた子どもたちの世界。
「ジェームスなんかダイキライ」ってページが好き。
ページの両端に背中を向けた男の子の絵が描かれているのだけど、怒ってる感じを上手く表現してるし、子どものケンカって感じも伝わってくる。

怒ることもある。人間だもん!
でも すぐ仲直りできる。
これってステキ!
こんな簡単に仲直りできるほど大好きな友達が息子、娘にもできますように!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 泣いてしまいました  投稿日:2011/11/18
ふくびき
ふくびき 作: くすのき しげのり
絵: 狩野 富貴子

出版社: 小学館
読み聞かせに参加した子どもたちが「今日のお話の中で一番よかったお話だよ」と教えてくれた絵本。
「ママも、きっと泣いちゃうよ〜」と言われ、読み始めると・・・
ボロボロ泣いてしまいました。

お母さんを想う優しい気持ち、正直だったお姉ちゃんの気持ち、助け合いの気持ち、いろんな気持ちに触れられました。

いろんなことがあって家に帰ってきた時の家族のシーン。
お姉ちゃんの表情がすごく印象的でした。
私も長女なので、おねえちゃんの気持ちがよくわかりました。

正直って難しいな〜と思いました。
勇気も必要ですね・・・ そんなことを子どもたちと話をしました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい なるほど  投稿日:2011/11/18
きみがしらないひみつの三人
きみがしらないひみつの三人 作・絵: ヘルメ・ハイネ
訳: 天沼 春樹

出版社: 徳間書店
頭と心と体の働きを 子どもにもイメージしやすいように描かれている絵本です。

息子は 「無茶苦茶な飲み食いをすると、いぶくろおじさん怒ってしまう」 という話を聞いてからゴクゴク飲むのをやめるほど影響大でした。

私はハートおばさんの仕事にジーンとしてしまいました。
心の働きを こんな素敵な表現で描いていてとても気に入りました。

表紙のイラストとタイトルだけでは想像できなかったストーリーでした。
どのページも印象に残りました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい あたたかいお話  投稿日:2011/11/17
さいごのまほう
さいごのまほう 作: 中島 和子
絵: 秋里 信子

出版社: 金の星社
私が読んでから、気に入ったので息子に紹介しました。
息子も気に入っています。

初めは がんこなおばあちゃん なのかな〜と思って読みはじめました。
ある男の子と出会い、魔法使いのおばあちゃんに変化が訪れるのです。

最後の魔法・・・ 
 魔法にも終りがあるんだ と息子と話をしました。
 いつ、くるんだろう とか どうなってしまうんだろう
 色々なことを考えながら読めました。

おばあさんと男の子の会話がなんともいえず良かったです。

心温まる あたたかいお話でした。
何気なくなくある物に対しての見方が少し変わったかもしれません。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい こんな絵本もいいですね  投稿日:2011/11/12
モナ・リザをぬすんだのはだれ?
モナ・リザをぬすんだのはだれ? 作: ルーシー・ナップ
絵: ジル・マックエルマリー
訳: 結城 昌子

出版社: 岩波書店
たまには ちょっと変わった絵本を読んでみたい! って思っている人にオススメです。

モナ・リザの絵が私たちに語りかけてくれます。
なんだか不思議な感じでした。

モナ・リザの絵についての説明や、ダ・ヴィンチがどんな人だったか などが書かれていて、歴史・絵画に自然と触れられました。
また、絵や独特な色使いの効果で、異国にいるような、昔のヨーロッパにいるような感覚も味わえました。

7歳の息子は、この絵本を読んだあと、私にクイズをいっぱい出してくれました。
「モナ・リザはどこの国の人でしょうか?」などなど・・・
沢山のクイズが思いついたようです。
そして、私が答えられないと得意そうに教えてくれました。

モナ・リザという有名な絵が息子の頭の片隅に残ってくれたら嬉しいです。
そして、彼が大きくなった時、絵に興味を持ってくれたり、歴史に興味を持ってくれたり、何かしらの「タネ」が蒔けたのではないかと感じることができた絵本でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい にぎやかな ほん! ってどんな本?  投稿日:2011/11/12
にぎやかな ほん!
にぎやかな ほん! 著: デボラ・アンダーウッド レナータ・リウスカ
出版社: 光村教育図書
タイトルの 「にぎやかな ほん!」 ってなんだろう? どんな楽しいことが待ってるのかな?  ってすごーーく興味がわきました。

読んでみると・・・ 世の中にあふれている沢山の音に注目をした絵本でした。
改めて沢山の音の中で生活しているんだな〜と思いました。

この絵本の楽しいところは 「音を想像する」 だと思います。
1ページに1場面 どんな状況なのかを説明する一文だけ という構成。
なので、どんな音がするのか読み手次第! 
親子で、こんな音じゃない? あんな音じゃない? って会話が弾みます。

動物の絵も優しい、やわらかい感じで大好きです。
子どもたちもとても気に入っていました。
とても表情豊かで楽しかったです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う オノマトペ  投稿日:2011/11/08
いぬとねこ
いぬとねこ 再話: ソ・ジョンオ
絵: シン・ミンジェ
訳: おおたけ きよみ

出版社: 光村教育図書
韓国の昔話で、韓国の絵や色づかいってこんな感じなんだ〜と思った。
印象的だったのが模様! おもしろい!

オノマトペが勉強できました。
 日本で犬は「ワンワン」 韓国では「モンモン」
 子どもたちは、国によって違うってことが勉強できました。

ストーリーは日本の昔話と似たような内容もありましたが、絵の感じが違うからなのか新鮮な気持ちで読めました。

ちょっと世界に目を向けれた絵本でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ほんわか  投稿日:2011/11/08
エイモスさんが かぜを ひくと
エイモスさんが かぜを ひくと 作: フィリップ・C・ステッド
絵: エリン・E・ステッド
訳: 青山 南

出版社: 光村教育図書
表紙の絵から「優しい感じ」が伝わってきます。
優しい色使いで、見るたびに好きになっていきます。

エイモスさんは動物園で働いています。
時間を作ってお友達(いろんな動物のこと)のところに遊びに行きます。
それぞれの動物の好きなことを良く知っているエイモスさん。
 動物達に寄り添う感じは子育てにも当てはまるな〜と思った。
 その気持ちが動物たちに伝わっていることが嬉しかったな〜。
 エイモスさんのような優しさのある母になりたいと思った。

我が家では、文章には出てこない隠れキャラを発見し、ページをめくるたびに その子がどこかにいるか探しました。
すごくかわいいキャラなので、探してみてください。
参考になりました。 0人

366件中 31 〜 40件目最初のページ 前の10件 2 3 4 5 6 ... 次の10件 最後のページ

人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット